テクニカル相場分析

テクニカル相場分析 technical

投稿日:

専門家が厳選した銘柄と、素人の思いつき銘柄の運用成績はそれほど変わらず、チャートを基に短期売買するより、買った株をジット持ち続けるほうが投資効率が高い(ウォール街のランダムウォーカーより)なら、買えばだれでも儲かりそうだが、実際は誰も儲かっていないところを見ると、思い付きよりはチャート分析で儲けようと試みるのは自然だ。

相場分析手法

ファンダメンタルズは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳され、経済のマクロ面や個別企業の財務状況などミクロ面の指標を意味します。チャートを見るときは、ファンダメンタルズ分析の考え方を踏まえて見ることになります。
ファンダメンタルズ分析
チャートとテクニカル分析
ダウ理論(ダウ・セオリー)

ローソク足と平均足

チャートは現在の位置から相場の方向を分析したり、目標値までの距離や時間を教えてくれる、売買する時の地図に当たります。ローソク足は値段の動きがローソクにそっくりの形であらわされ、ローソク足のチャートは海外でも普及しています。
ローソク足
平均足

トレンド系の指標

相場はジグザグな動きをしながらもある一定の方向に進む習性があります。チャートの山と谷を確認して、トレンドラインを引いてトレンドの方向をみると傾きがわかります。相場の流れをとらえそれに乗る売買の仕方があります。
移動平均
ボリンジャーバンド
ポイント&フィギュア
MACD

オシレーター系の指標

オシレーター(Oscillator)は「振り子」の意味で、数値がある一定レンジを振り子のように推移する指標です。数値が高くなると「買われ過ぎ」逆に低いのが「売られ過ぎ」としてとらえ、トレンドの転換を知ろうとするもので「逆張り」系の指標と言われています。
ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

パターン分析系特殊罫線

三本抜新値足、連行足、カギ足にも似た特徴を持つチャートは、時間の概念を取り去って相場の方向だけを機械的にとらえる非時系列チャートの代表です。相場の本質を理解しないでいろいろ研究しても無為です。
グランビルの法則
パターン分析系特殊罫線
ローソク足の組み合わせ

-テクニカル相場分析

執筆者:

関連記事

no image

移動平均線

誰でも知っている最もメジャー指標の移動平均線 トレンドラインはかなり主観的な部分が多いので、時系列の変動を見やすくするため、トレンドの変化に対応したのが移動平均線です。 ローソク足だけでは大きな流れが …

no image

平均足(コマ足)

平均足は色の変化でトレンドがわかりやすい ローソク足が始値、終値、安値、高値の四つの価格情報がひとつの足がで描かれのに対し、平均足は開始値が「1本前の足の始値と終値の平均」終値は「高値・安値・始値・終 …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

ダウ理論(ダウ・セオリー)

トレンドを識別する方法はダウ理論 米国で最もポピュラーな「ダウ平均株価」は、チャールズ・ダウの考案した株価計算方法のことです。このダウ・セオリーは欧米で最も知名度の高いトレンド識別法で、株式を何十年間 …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …