テクニカル相場分析

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

投稿日:

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎなので買いと判断する「逆張り」の売買手法として使われます。

ストキャスティクスはRSIと同じように70%以上なら買われ過ぎ、30%なら売られ過ぎと判断し売買の指標とします。%K(Kライン=黄緑)と%D(Dライン=黄)という2本の線から売買ポイントを見つけ出そうとするテクニカル指標です。

下図のように、KラインとDラインの2本が交差するサインを見ると、かなり複雑で売買の判断に迷うところです。

ストキャスティクス

逆にRSIは、ラインが単純で見やすいと言えるかもしれません。ローソク足との関係はもっと明確で、短期の移動平均線の上に陽線が増えるに従ってRSIも上昇していきます。そして、ローソク足がピークに達することにはRSIが70%を超えています。

相対力指数

-テクニカル相場分析

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

パターン分析系特殊罫線

天井圏で売って底値圏で買い戻したいと思うのは、できないことと知ってはいても万人共通の願望です。その目標に少しでも近づくために、天底のパターンを知ろうとする人は多いと思います。そのパターンも時系列のもの …

no image

平均足(コマ足)

平均足は色の変化でトレンドがわかりやすい ローソク足が始値、終値、安値、高値の四つの価格情報がひとつの足がで描かれのに対し、平均足は開始値が「1本前の足の始値と終値の平均」終値は「高値・安値・始値・終 …

no image

ポイント&フィギュア(P&F)

株価チャートで良く見かけるのは、縦軸に株価・横軸に時間をおいて日足で表示されている二次元の「時系列グラフ」です。これに対し、横軸の時間の観念を無視した一次元のグラフを「非時系列グラフ」と言います。ポイ …

no image

チャートとテクニカル分析

価格と時間の概念をつかむためにはテクニカル分析が必要 株価などの値動きをグラフ化したものをチャート(Chart)と呼んでいます。ローソク足をグラフ化する際に、縦軸に値段、横軸に時間としたもので時系列チ …

no image

ローソク足の組み合わせ

ローソク足単体の代表的なものには、下表のような呼び名がついています。そのローソク足の形から読み取ることのできる情報は多いのですが、実勢に当てはめて次を予想するには無理があります。「トンボ」がどうのとか …