FX 用語集

スプレッド

投稿日:

FX取引では売り値と買い値の2つの価格が同時に表示されますが、この売り値(bid)買い値(ask)の差が「スプレッド」です。

この差があることで、買った瞬間には売値が決まり、売った瞬間には買値が決まり、この差(スプレッド)だけマイナスでスタートすることになります。

ニュースなどで「今日の外国為替市場は1ドル100円10銭から15銭の取引です」と言うのは、買値が100円15銭、売値が100円10銭ということです。円でドルを買うと100円15銭で買い、100円10銭で売れるというものですが、買った瞬間に売値が決まるわけですから5銭の損が出ていることになります。

FXの魅力は何といっても低コストです。FXは株や外貨預金に比べたら微々たるコストしか掛かりません。しかも手数料無料は今や当たり前になりました。しかし、FXには手数料以外のコストがスプレッドなのです。

海外旅行などで円をドルに替えるときには往復だけですのであまり気にしないとおもいますが、外貨預金は預けた瞬間に1円の為替差損が発生し、1万ドル預けたら、1万円の手数料なんてことも起こります。スプレッドは業者を選ぶ際にも重要なポイントです。

-FX 用語集

執筆者:

関連記事

no image

FX証拠金取引の用語 「さ」行

【差金決済】 【指値】 【サポート】 【証拠金率】 【ショート】 【スクエア】 【スプレッド】【スリッページ】 【スワップ金利】 【先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)】 【損切り(ロスカット】

no image

ロット(Lot)とは取引単位のこと

ロット(Lot)とは取引単位のことで、1通貨単位は米ドルの場合1ドル、英ポンドの場合1ポンドのことをいい、FXの取引をする場合、『1,000通貨』や『10,000通貨』をそれぞれ最少の1ロットとして取 …

no image

FX証拠金取引の用語 「や」行

【有事のドル買い】 【余剰金】 【山高ければ谷深し】

no image

FX証拠金取引の用語 「な」行

【成行注文】 【日銀短観】 【日本銀行】 【眠られぬ株は持つな】

no image

ロスカット(損切)

ロスカットとは損切(そんぎり)のこと。注文を入れたら同時に損切りをいれるのがポイントです。これに対し、強制ロスカットとは、口座に預けた証拠金以上の損失が出ないように業者がするロスカットのことです。 強 …