テクニカル相場分析 なにをやったらいいかわからない

ローソク足

投稿日:

白いローソクが上昇、黒いローソクが下降を表す

ローソク足は、1日の値動きのうちの、始値・高値・安値・終値の四本値をひとつの記号(形)にしたものです。その1日の動きをローソクの形をしたローソク足を、何日分かまとめたものを日足といっています。なお、1週間の四本値(始値・高値・安値・終値)をローソク足にしたものを週足といい、1ヶ月の四本値は月足、1年分は年足になります。

ローソク足

図にある黒い実体(ヒゲや影を除いた部分)を「陰線」、白い実体を「陽線」と言います。陰線は始値より終値が安い状態を表していて下降相場に出やすく、陽線はそれとは反対に上昇相場によくあらわれます。しかし、陽線は上げ相場の日足に多く出るだけで、2~3日連続して陰線が出ることもありますから、「傾向」を日足で判断することはできません。

また、ローソク足の実体の長さは相場の強さを表していて、始めつけた値段から買い進まれると白い実体は長くなりますが、ヒゲと影は1日の売り買いの攻防の結果であって、相場の強弱を判断する材料にはなりません。パターンもなんとなくはわかるような気にもなりますが、上下のヒゲの長さ多少の目安になるだけで、ローソク足単独では何もわからないといってもいいでしょう。

-テクニカル相場分析, なにをやったらいいかわからない

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

MACD(マックディー)

MACDは2本の指数平滑移動平均線(EMA)を用いて、直近にウエートをおいた移動平均と、その差を棒グラフであらわし、方向性やカイ離を見る指標で、オシレーター系に分類されます。 図下部のMACDは、シグ …

no image

チャートとテクニカル分析

価格と時間の概念をつかむためにはテクニカル分析が必要 株価などの値動きをグラフ化したものをチャート(Chart)と呼んでいます。ローソク足をグラフ化する際に、縦軸に値段、横軸に時間としたもので時系列チ …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

ポイント&フィギュア(P&F)

株価チャートで良く見かけるのは、縦軸に株価・横軸に時間をおいて日足で表示されている二次元の「時系列グラフ」です。これに対し、横軸の時間の観念を無視した一次元のグラフを「非時系列グラフ」と言います。ポイ …