テクニカル相場分析 なにをやったらいいかわからない

ローソク足

投稿日:

白いローソクが上昇、黒いローソクが下降を表す

ローソク足は、1日の値動きのうちの、始値・高値・安値・終値の四本値をひとつの記号(形)にしたものです。その1日の動きをローソクの形をしたローソク足を、何日分かまとめたものを日足といっています。なお、1週間の四本値(始値・高値・安値・終値)をローソク足にしたものを週足といい、1ヶ月の四本値は月足、1年分は年足になります。

ローソク足

図にある黒い実体(ヒゲや影を除いた部分)を「陰線」、白い実体を「陽線」と言います。陰線は始値より終値が安い状態を表していて下降相場に出やすく、陽線はそれとは反対に上昇相場によくあらわれます。しかし、陽線は上げ相場の日足に多く出るだけで、2~3日連続して陰線が出ることもありますから、「傾向」を日足で判断することはできません。

また、ローソク足の実体の長さは相場の強さを表していて、始めつけた値段から買い進まれると白い実体は長くなりますが、ヒゲと影は1日の売り買いの攻防の結果であって、相場の強弱を判断する材料にはなりません。パターンもなんとなくはわかるような気にもなりますが、上下のヒゲの長さ多少の目安になるだけで、ローソク足単独では何もわからないといってもいいでしょう。

-テクニカル相場分析, なにをやったらいいかわからない

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳され、経済のマクロ面や個別企業の財務状況などミクロ面の指標を意味します。 そこで、株式の本質的価値と市場価格にギャッ …

no image

パターン分析系特殊罫線

天井圏で売って底値圏で買い戻したいと思うのは、できないことと知ってはいても万人共通の願望です。その目標に少しでも近づくために、天底のパターンを知ろうとする人は多いと思います。そのパターンも時系列のもの …

no image

テクニカル相場分析 technical

専門家が厳選した銘柄と、素人の思いつき銘柄の運用成績はそれほど変わらず、チャートを基に短期売買するより、買った株をジット持ち続けるほうが投資効率が高い(ウォール街のランダムウォーカーより)なら、買えば …

no image

移動平均線

誰でも知っている最もメジャー指標の移動平均線 トレンドラインはかなり主観的な部分が多いので、時系列の変動を見やすくするため、トレンドの変化に対応したのが移動平均線です。 ローソク足だけでは大きな流れが …

no image

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線とその標準偏差の線をチャートに重ねて描き、ローソク足が移動平均線を上に抜いたら上昇の圧力が強いと判断し、逆に下に向けたら下降の圧力が強いと判断する順張りのテクニカル指標で …