日経225オプション取引

オプション取引の証券会社

投稿日:

オプション取引で証拠金を預ける証券会社を選ぶ際に最も重要なことは、何はともあれ、売買注文の取次がスムーズであることです。手数用の安さ > 証拠金の低さ > トレードツールの完成度の順ですが、手数料にはこだわるべきです。

オプション取引ならではの情報提供ツール

個人投資家が日経225オプション取引をする時に、取次ぐ証券会社をどこにするか決めることはとても重要なことです。このことは、多彩な比較サイトなどがあることなどからも良く解ります。

そこで、このサイトでも少し触れさせてもらうと、注文が遅滞なくできればそれ以外に何も言うことはないのですが、特にあげるとすれば「手数料の安さ」だと思います。

資金効率を高めるために「証拠金の低さ」などもありましが、オプション取引の買いから入る時には、手数料が安いことは重要です。売り手に比べ、買い手が負ける確率は高く、回数も多いのが普通なのですから。

あと、トラブルが発生したときに、迅速な対応が何よりなのですが、よほどのことがない限り対応が遅れることはありませんし、比較して差が出るほど遅れている証券会社は見たことがありません。むしろ、トレード・ツールの方が大切です。

そのトレードツールは、充実していいれば、言い換えれば多いほどいいというものではありませんが、少なくとも以下の4つを備えていてほしいと思います。

  • オプション・シミュレーター
  • 証拠金シミュレーター
  • 日経平均株価のチャート
  • オプション・ビュー

-日経225オプション取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

日経225オプション取引のリスク

オプション取引にも「市場のリスク」などの特徴的なリスクと、自分の中にある投資態度に関するリスクがあります。 オプションの流動性リスク オプション取引では、満期日が出来高が極端にすくなくなり、反対売買が …

no image

オプション取引を開始する建玉

「コール」と「プット」オプションの買い建玉は、残存日数別日以内に、日経平均株価が昇しなければ、利益にならないという条件が付きます。損失無限大というリスクの大きい「コール」と「プット」オプションの売り建 …

no image

オプション取引の建玉と決済

オプション取引は、コールの「買い」と「売り」、「買い」と「売り」ではじめ、 「権利行使」「権利放棄」「反対売買」で取引を終了します。 あらかじめ定められた期日までに決済する 取引する限月は、日経225 …

no image

オプション取引の流れ

オプションの買い手は、権利の取得と引き換えにプレミアム(オプションの代金)を売り手に支払い、売買が成立します。このときの値段のことを権利行使価格といいます。 満期までの期間中は、反対売買によって取引を …

no image

日経225オプションの買い方と売り方

日経225オプション取引も市場における取引ですから、当然のように「買い方」と「売り方」による相対で行われ、「売り方」は証券会社や機関投資家などの大資本となり、「買い方」は一般投資家になります。この取引 …