日経225オプション取引

オプション取引の口座開設

投稿日:

取引をする時、証券会社に預ける資金は、およそ100万円からになります。証券会社によっては1,000万円以上必要となることもあります。証券会社も大手ほと高くなる傾向があります。中小の証券会社では100万円ぐらいのところが多いようですから、中小の証券会社で始めてみましょう。また、当初の預り金が100万円あれば、売買代金が口座にあれば補充する必要がないという証券会社もありますから、気軽に始められるようになっています。

口座を開設する時には、最初の1回だけですから、実際に証券会社に足を運んで、窓口で「日経225オプション取引」と申し込んでください。なぜ、直接窓口をお勧めするのかというと、人と対面して契約をすることで間違いを防ぐことができ、「これから始めるぞ!」という緊張感も生まれてきます。このことが、後々の取引結果に良い影響を与えることができると信じています。

証券会社の窓口に出向いて契約する

  1. 個別株オプションと区別して「日経225オプション取引」であることを伝えます。
  2. 「売り方」と区別し「買い方」であることを伝えます。
  3. 「オプション取引口座設定契約書」に署名捺印し、証券会社と契約を交わします。ただし、証券会社の承認が必要です。
  4. 日経225オプション取引の契約は、個人でも法人でも可能です。
  5. 信用取引のような証拠金は不要ですが、代わりに「預り金」が必要です。現金でも株券でも良いのですが、差金の決済は現金支払いとなります。

 

-日経225オプション取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

日経225オプション取引の魅力

オプションの売り手は巨大な資金を持った機関投資家で、10年に一度しかないかのリスクに備えるためにヘッジのための買い手にもなります。逆に、小額の資金しか持たない個人投資家はヘッジする必要がないので、安全 …

no image

オプション取引の証券会社

オプション取引で証拠金を預ける証券会社を選ぶ際に最も重要なことは、何はともあれ、売買注文の取次がスムーズであることです。手数用の安さ > 証拠金の低さ > トレードツールの完成度の順ですが、手数料には …

no image

オプション取引の流れ

オプションの買い手は、権利の取得と引き換えにプレミアム(オプションの代金)を売り手に支払い、売買が成立します。このときの値段のことを権利行使価格といいます。 満期までの期間中は、反対売買によって取引を …

no image

日経225オプションの買い方と売り方

日経225オプション取引も市場における取引ですから、当然のように「買い方」と「売り方」による相対で行われ、「売り方」は証券会社や機関投資家などの大資本となり、「買い方」は一般投資家になります。この取引 …

no image

日経225オプションの売買

日経225オプションの売買 取引の期限 日経225オプション取引の限月は、3 月、6 月、9 月および 12 月のうち直近の5 ヵ月と当該月以外の直近3 ヵ月の合計8 限月からなります。 取引最終日は …