日経225オプション取引

オプション取引を開始する建玉

投稿日:

「コール」と「プット」オプションの買い建玉は、残存日数別日以内に、日経平均株価が昇しなければ、利益にならないという条件が付きます。損失無限大というリスクの大きい「コール」と「プット」オプションの売り建玉は、日経平均株価の変動を的中させなくても、利益になりやすいという利点あります。

どの限月に建玉するか

日経225オプション取引は、常時8限月あります。目的をもった特別な売買では、20日で終了する限月(期近)などに建玉することがあっても、できるだけ長い限月(期先)に建玉するのが一般的です。

しかし、実際には直近(満期日の近い月分)の4限月しか、売買が成立していないのが現状です。ネット証券サイトの取引事例でも、直近数カ月分を取引ケースとしている場合が多いようです。

日経平均の大幅上昇を予想 コールの買い 上昇しないと予想 * コールの売り
日経平均の大幅下落を予想 プットの買い 下落しないと予想 * プットの売り

コール・オプションの買い (日経平均株価が上昇するほど儲かる)

今後日経平均株価が、上昇すると予想した場合、コール・オプションを買います。

日経平均株価が15,000円だとすると、残存日数20日、権利行使価格15,500円、プレミアム100円のコール・オプションを1枚建玉した場合、満期日に日経平均株価が15,600円(権利行使価格15,500円+プレミアム100円)以上であれば、このコール・オプションの買い建玉は利益になります。

プット・オプションの買い (日経平均株価が下落するほど儲かる)

今後日経平均株価が、下落すると予想した場合、プット・オプションを買います。

日経平均株価が15,000円だとすると、残存日数20日、権利行使価格14,500円、プレミアム100円のプット・オプションを1枚建玉した場合、満期日に日経平均株価が14,400円(権利行使価格14,500円-プレミアム100円)未満であれば、このプット・オプションの買い建玉は利益になります。

日経平均株価が暴騰したら利益は無限大ですが、暴落しても損失は当初支払った取引プレミアム(100円×1000倍×1枚=100,000円)に限定されます。

コール・オプションの売り

今後平均株価が、オプションの権利行使価格までは上昇しないと予想した場合、コール・オプションを売ります。

日経平均株価が15,000円だとすると、残存日数20日、権利行使価格15,500円、プレミアム100円のコール・オプションを1枚建玉した場合、満期日に日経平均株価が15,600円(権利行使価格15,500円+プレミアム100円)未満であれば、このコール・オプションの売り建玉は利益になります。

日経平均株価が暴落しても、利益は当初受け取った取引プレミアム(100円×1000倍×1枚=100,000円)に限定され、逆に暴騰したら損失は無限大です。

プット・オプションの売り

今後平均株価が、オプションの権利行使価格までは下落しないと予想した場合、プット・オプションを売ります。

日経平均株価が15,000円だとすると、残存日数20日、権利行使価格14,500円、プレミアム100円のプット・オプションを1枚建玉した場合、満期日に日経平均株価が14,400円(権利行使価格14,500円-プレミアム100円)以下であれば、このプット・オプションの売り建玉は利益になります。

日経平均株価が暴騰しても、利益は当初受け取った取引プレミアム(100円×1000倍×1枚=100,000円)に限定され、逆に暴落したら損失は無限大です。

日経平均は上昇するより下落するときが急激ですので注意が必要です。

-日経225オプション取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

日経225オプションのプレミアム

買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションといいます。オプションの買方は売方にオプション料(プレミアム)を支払うことで権利を取得し、売方はオプション料を受取り、買方にこの権利を与えます …

no image

オプション売買の損益にかかる税金

先物取引で損が出たら確定申告をすれば、先物取引の「損失の繰越」制度を利用することができます。ただし、株式と日経225で損益があった場合は、(株利益100万円-日経225損50万円)×20%=10万円と …

no image

オプション取引の流れ

オプションの買い手は、権利の取得と引き換えにプレミアム(オプションの代金)を売り手に支払い、売買が成立します。このときの値段のことを権利行使価格といいます。 満期までの期間中は、反対売買によって取引を …

no image

日経225オプションの売買

日経225オプションの売買 取引の期限 日経225オプション取引の限月は、3 月、6 月、9 月および 12 月のうち直近の5 ヵ月と当該月以外の直近3 ヵ月の合計8 限月からなります。 取引最終日は …

no image

日経225オプション取引の魅力

オプションの売り手は巨大な資金を持った機関投資家で、10年に一度しかないかのリスクに備えるためにヘッジのための買い手にもなります。逆に、小額の資金しか持たない個人投資家はヘッジする必要がないので、安全 …