いつ買い、いつ売るのか

身銭を切って検証したものだけが武器になる

投稿日:

相場で負けが込んできたり迷ったりすると、つい市場の材料やニュース目が行きがちになるのがトレーダーの心情です。さらには、自分にだけ受け止められる相場感覚や自分だけ聞き逃さなかったニュースはないか?とか、だれも気付かない指標でいい方法が隠れてはいないか?などいろいろ気になりだしてきます。

朝起きれば、連日コラムやニュースサイトなどで、経済評論家やコラムニスト、アナリストなどが独自の見通しや理論を展開していますが、全くの見当外れか適当にその根拠を後付けしているものがほとんどです。それが証拠に、「今日の相場はこのレンジで推移する」などと言うものです。そんな適当な素人でも言えることを、テレビカメラの前で堂々と発表できる神経はたいしたものです。

そんなアナリストの大半は、自らトレードをしていないものと思われます。つまり、相場のトレードではなく「競馬で当たり馬券を予想する」のと変わりがないことをしていることに早く気付くべきです。

FXの初心者と言われる方は、株の取引を経験している人が少なくありません。「何が儲かるか」を経験していると、市場の材料やニュースを知ろうとしたり利用したりしようとします。そんな当てにならないファンダメンタルズで売買することが儲からない原因のひとつです。

ファンダメンタルズを横目で見ながら、ひとつのテクニカル指標だけで、ほかの指標と合わせて使ったりしない。その指標だけを使い続けないで目移りばかりしていたのでは、肝心なその指標が有利に働く確立を利用できません。

どんな世界にも天才的な人や名人は存在しますが、少なくとも私は凡人ですし、ひとつの方法でコツコツ経験を積み上げない限り、初心者がいきなり名人級の職人になることはできないと思っています。だからひとつの道具を利用して精通するのに、ひとつだけを使い続けています。

トレンド系のテクニカル指標、オシレーター系のテクニカル指標、のどちらかひとつか組み合わせで、しかもできるだけシンプルなものを選びます。そして自分はどの道具があっているかは、自分で判断するしか方法がありません。

じっくり考えてデモトレードで経験を積み、儲かる様になったら身銭で実践してください。それ以外に儲かるトレーダーへの道はないものと思ってください。

-いつ買い、いつ売るのか

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ダウ理論で売買を判断する

ダウ理論はトレンドラインだけでなく、具体的な個別の確認方法があります。トレンドラインを引いたり、何となく上がっている?と見るのではなく、上げ相場(アップトレンド)は、以下のように高値も安値も切り上げに …

no image

新規注文の仕方

エントリーは「売」か「買」かの2つですが、注文の仕方にはいくつかの方法があります。 成り行き注文 マーケットで表示されている値段で、クリックすれば即座に「売買」が成立する 指値注文 100円の時98円 …

no image

武器を持つ

相場の武器を持つ 投資に興味を持ったら、まず株や投資に関連する書籍を買ってきて、手当たり次第に読んで仕組みを覚えたりするのが、最初にすることではないでしょうか。情報は商品先物会社や証券会社が発行してい …

no image

口座資産と損切で売買量を決める

損切りは時間軸(ローソク足の時間)によって金額が違いますが、仮に1ロット1,000通貨なら、米ドル/円(USD/JPY)で証拠金が5,000円、損切りが証拠金額以内の50銭(500円)でも、口座資産÷ …

no image

保ち合いとは

「保ち合いはチャンス」という考え方がわかるのも確かですが、保ち合いは相場の中売り買いが拮抗している状態のことであり、トレンドから見ると異常であると思われても仕方がありません。その保ち合いの後に起こるの …