テクニカル相場分析

MACD(マックディー)

投稿日:

MACDは2本の指数平滑移動平均線(EMA)を用いて、直近にウエートをおいた移動平均と、その差を棒グラフであらわし、方向性やカイ離を見る指標で、オシレーター系に分類されます。
MACD
図下部のMACDは、シグナルというMACD値の移動平均線と、ヒストグラムというMACDとシグナル線の差を棒グラフとして表示させたものです。

MACDというと、例の雲のあるチャートを連想した方も多いのではないでしょうか。見た目複雑すぎてとっつきにくそうなチャートも、基本的には2本の移動平均線とその差を表したヒストグラムの組合せです。

大変人気のあるMACDですが、相場が変化する日を数値で示したまでは良いが、予測できない事態の発生によって延長されることや、目先・小勢・中勢・大勢の期間も天井から底まで、多くの組み合わせがありその都度都合よく解釈されやすいところに欠点があります。

-テクニカル相場分析

執筆者:

関連記事

no image

ポイント&フィギュア(P&F)

株価チャートで良く見かけるのは、縦軸に株価・横軸に時間をおいて日足で表示されている二次元の「時系列グラフ」です。これに対し、横軸の時間の観念を無視した一次元のグラフを「非時系列グラフ」と言います。ポイ …

no image

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳され、経済のマクロ面や個別企業の財務状況などミクロ面の指標を意味します。 そこで、株式の本質的価値と市場価格にギャッ …

no image

テクニカル相場分析 technical

専門家が厳選した銘柄と、素人の思いつき銘柄の運用成績はそれほど変わらず、チャートを基に短期売買するより、買った株をジット持ち続けるほうが投資効率が高い(ウォール街のランダムウォーカーより)なら、買えば …

no image

移動平均線

誰でも知っている最もメジャー指標の移動平均線 トレンドラインはかなり主観的な部分が多いので、時系列の変動を見やすくするため、トレンドの変化に対応したのが移動平均線です。 ローソク足だけでは大きな流れが …

no image

チャートとテクニカル分析

価格と時間の概念をつかむためにはテクニカル分析が必要 株価などの値動きをグラフ化したものをチャート(Chart)と呼んでいます。ローソク足をグラフ化する際に、縦軸に値段、横軸に時間としたもので時系列チ …