FX 用語集

ロット(Lot)とは取引単位のこと

投稿日:

ロット(Lot)とは取引単位のことで、1通貨単位は米ドルの場合1ドル、英ポンドの場合1ポンドのことをいい、FXの取引をする場合、『1,000通貨』や『10,000通貨』をそれぞれ最少の1ロットとして取引するのが主流となっています。

FXでは取引単位がFX業者との契約で決められ、1ドル100円の時、1,000ドルをレバレッジ10倍(10分の1の証拠金10,000円)で取引する場合は、100円×1,000ドル×1/10=10,000円(1Lot)の証拠金で「何ロットの買(売)」というLot数で売買の注文をします。

ロット数を増やす時には、デモ ⇒ 1,000通貨(1Lot) ⇒ 10,000通貨(1Lot) ⇒ 20,000通貨(2Lot)と増やしていくのがいいと思います。

商品先物取引ではピン(最少取引単位)を1枚と呼ぶことから『1Lot=1枚』と呼ぶこともあります。私管理人も1Lot(ピン)を1枚と言います。

-FX 用語集

執筆者:

関連記事

no image

スキャルピング【scalping】

スキャルピング【scalping】とは「皮むき」のことで、薄皮を剥ぐようにエントリーからイグジットまで数秒から数十分と短い取引で薄利を稼ぐ取引のこと。

no image

FX証拠金取引の用語 「ら」行

【流動性リスク】 【レバレッジ】 【レンジ相場】 【ロールオーバー】 【ロスカット】【ロング】

no image

FX証拠金取引の用語 「な」行

【成行注文】 【日銀短観】 【日本銀行】 【眠られぬ株は持つな】

no image

FX証拠金取引の用語 「た」行

【建玉】 【ツーウェイプライス】 【デイトレーディング】 【TTS、TTB】 【テクニカル分析】 【途転】

no image

スプレッド

FX取引では売り値と買い値の2つの価格が同時に表示されますが、この売り値(bid)と買い値(ask)の差が「スプレッド」です。 この差があることで、買った瞬間には売値が決まり、売った瞬間には買値が決ま …