FX 用語集

ロスカット(損切)

投稿日:

ロスカットとは損切(そんぎり)のこと。注文を入れたら同時に損切りをいれるのがポイントです。これに対し、強制ロスカットとは、口座に預けた証拠金以上の損失が出ないように業者がするロスカットのことです。

強制ロスカットは損切が入っていないか証拠金の額以上に損金が発生する場合などに、自動で強制決済されるシステムです。基本的に口座以上(証拠金以上)の損失が出ないようになっています。

ところが為替の急変動やインターネットの回線混雑などで、ロスカットするポイントに到達してから決済をするまでにタイムラグ(スリッページも同じ)が発生し、口座に預けた金額以上の損失が発生することもあります。

次善の策として、少なくとも建玉の証拠金が残るように必ず損切りを入れておくことが大切です。

※ スリッページとは、注文したレート(値段)と約定時のレート(値段)とに差の出ること。
next_open注文と損切を同時に注文する方法
next_open口座資産と損切で売買量を決める

-FX 用語集

執筆者:

関連記事

no image

スプレッド

FX取引では売り値と買い値の2つの価格が同時に表示されますが、この売り値(bid)と買い値(ask)の差が「スプレッド」です。 この差があることで、買った瞬間には売値が決まり、売った瞬間には買値が決ま …

no image

スキャルピング【scalping】

スキャルピング【scalping】とは「皮むき」のことで、薄皮を剥ぐようにエントリーからイグジットまで数秒から数十分と短い取引で薄利を稼ぐ取引のこと。

no image

FX証拠金取引の用語 「な」行

【成行注文】 【日銀短観】 【日本銀行】 【眠られぬ株は持つな】

no image

FX証拠金取引の用語 「か」行

【介入】 【カウンターパーティー】 【為替リスク】 【為替平衡操作】 【カントリーリスク】【外国為替市場】 【機関投資家】 【基軸通貨】 【協調介入】 【金融先物取引】 【逆指値】【口先介入】 【公開 …

no image

スリッページ

外貨預金をするときは外貨を銀行で購入しますが、この注文の受け手は銀行であるのと同様に、FXの多くは業者と投資家との間で取引が行われ、市場を通して行われる市場取引ではなく相対取引です。 あなたからの注文 …