テクニカル相場分析

グランビルの法則

投稿日:

テクニカル指標としてポピュラーなのが移動平均線ですが、その移動平均線はある期間の平均株価を移動させることで、相場の方向や転換点を知ろうとするものであリ、移動平均線を利用して売買するときの基本となるのが「グランビルの8法則」です。

最初の買いから、押し目買い・買い乗せ・買い手仕舞い・戻り売り・売り乗せ、と移動平均線の動きで売買のタイミングを捉えようとするものです。よく「ゴールデンクロス」「デッドクロス」など相場の解説にでてくるので、聞き覚えのあるのではないでしょうか。

J.E.グランビルが、株価と移動平均の位置関係に注目して、売買ポイントを以下の8項目にまとめてもので、グランビルの法則と言います。

グランビルの法則図

移動平均線も一目均衡表と同様に、短期・中期・長期線などの組み合わせ法が多く使われます。同一銘柄を分析するのであるから、短期(小勢)は早く変化し、長期(大勢)の変化は遅いのが当然で、どこにでもある日足を眺めれば一目瞭然です。

下降トレンドの上側の線は右下に下がっているが、天井と思われる地点から、天井により近い下がった点を直線で結んだら飛びぬけたところはないでしょうか。ラインから飛び出た日足の陽線が短期のダマシといわれ、ダマシを補うためにダマシがでない長期線を選んで使うことになったりしますが、これでは終わってしまった相場をモデルに、未来を当てはめては実践が鈍るというものです。

-テクニカル相場分析

執筆者:

関連記事

no image

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳され、経済のマクロ面や個別企業の財務状況などミクロ面の指標を意味します。 そこで、株式の本質的価値と市場価格にギャッ …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

チャートとテクニカル分析

価格と時間の概念をつかむためにはテクニカル分析が必要 株価などの値動きをグラフ化したものをチャート(Chart)と呼んでいます。ローソク足をグラフ化する際に、縦軸に値段、横軸に時間としたもので時系列チ …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線とその標準偏差の線をチャートに重ねて描き、ローソク足が移動平均線を上に抜いたら上昇の圧力が強いと判断し、逆に下に向けたら下降の圧力が強いと判断する順張りのテクニカル指標で …