先物取引の基礎知識

先物取引でリスクヘッジ

投稿日:

レバレッジの他に、先物取引のもうひとつの特徴は「リスク回避に最も優れたもの」ということです。たとえば、ある大手の銀行、あるいは生命保険会社が、2兆円の日本株を持っているとします。今、日本株がなんらかの状況で下がりそうだという材料をつかんだとしましょう。

リスクヘッジが先物取引の目的

しかし、すぐに2兆円の株式を売れるでしょうか。現在の商いだったら、せいぜい何百億円か売ったところで暴落してしまいます。そして、1割下がると2000億円も損をしてしまいます。手をこまねいて見ているわけにはいきません。どうしたら先の2000億円の損を回避できるのでしょうか。

その方法は2兆円の15パーセント、3000億円分を証拠金にして、保有する株式とポートフォリオが似ている株価指数先物を、下がる前の現在の株価で売っておきます。そうすると、その後に1割下がったとしても、下がった値段で買い戻せば、そこで2000億円の利益が出ます。

これで、2兆円の1割下がった分をカバーできます。これを「ヘッジ」といいます。取引が終われば3000億円の証拠金は返ってきます。

思惑が違って上がってしまったらどうでしょう。むしろ、そのときは2兆円が1割上がれば、本来の株式のほうで2000億円の儲けがあるわけです。

株価指数先物の損失とトントンです。証拠金として3000億円を無利子で寝かせておくのは確かに痛いけれども、これはコストと考えれば高くありません。このように、万が一のリスクに備えて手だてを講じておくことを「リスク・ヘッジ」といいます。

先物取引は博打やマネー・ゲームであるかのような言われ方をされる場合があります。しかしそうした面だけを強調するのは間違っています。リスクを回避する有効な手段というのが本質です。それを、どう使うかは使い手の使い方の問題です。

-先物取引の基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

先物取引とは

古くから自然発生的に行われていた商品の先物取引は、金利や為替といった「お金」が商品になると、実体経済を大きく上回リ、近年になって急速に拡大しました。お金の取引を商売としている金融機関はもちろん、政府系 …

no image

これだけ知っておけば、怖くはない

商品先物取引の営業の中には、真剣に自分の将来と経済社会における商品先物取引の有効性をいい続けていらっしゃる方もいる。 営業くさいところがまったくないところがとても好きな、小次郎さんのホームページ「営業 …

no image

投資効果と応用

デリバティブには、どんな狙いや効果があるのでしょうか。 その一つは、「将来の危険の回避ができる」働きです。 もう一つが「収益追求の投資行動、つまり投機の対象としての妙味が大きい」という点です。 レバレ …

no image

相場で儲ける前に考えておくこと

ここには、日経225やオプションまたは商品などの先物相場は、どうやれば確実に上達できるのかが書いてあります。「相場表の見方」や「注文の出し方」などの基本的な仕組みは、商品取引員のホームページにある「商 …

no image

デリバティブの種類

この二つは通貨、金利、株価、商品価格、株価指数などが対象です。 先渡し取引・先物取引 「先渡し取引」は、取引所のような公的な機関が仲立ちをしません。あくまでも取引するもの同士の約束に基づいて行なわれま …