先物取引の基礎知識

相場で勝ち続けるアイデアはありますか?

投稿日:

いくら儲けたいのか?といったら、ひと区切りの1億円とをいうかも知れません。「1億円を達成・・・」などという副題のついた本もあるくらいですから。この手の本を読んだことのある人は多いはずです。なぜなら誰でもお金儲けに興味があり、お金を儲けた人の方法を知りたいものです。

簡単かどうかは別として、皆がお金儲けを考えているのですから、皆とは違った方法でないと儲けられないことは明らかですが、同じようなものではいけないのかといえば、そんなことはありません。1億円儲けた誰かの方法を真似るのではなく、資金が少ないうちこそ少しずつ地道に稼ぐ方法を探すべきです。

その方法を「達成本」からヒントを得ようと探してみても見つからないはずです。なぜならほとんどが嘘だからです。仮に本当だったとしても、過去に達成したことがあったり、肝心なことは省略して書いているはずです。

しかし、儲かっている人がいないかというとそんなこともありません。重要なことは、儲けている人達に共通なのは、ホームページを見て歩いたり、自分の成功談を他人の掲示板に書きこんだりしない人達だということです。

今後あなたが、どんな方法を選んで相場に立ち向かうにせよ、当たる確率は50%以下の方法しか見つからないと思って間違いありません。なぜなら、勝率50%以上の秘法があるとしたら、その方法で誰でも儲けることができるわけですから、負けるひとがいなくなります。そのことはその市場が成立しないことを意味しています。このことは大変重要ですから、しっかり解かった上で取引に参加することです。

-先物取引の基礎知識

執筆者:

関連記事

no image

てこの原理レバレッジとは

先物取引の特徴のひとつに、レバレッジ(てこ)があります。てこを使えば小さな力で大きなものを持ち上げることができるように、金利やオプション料(プレミアム)のみで大きな取引ができ、このレバレッジの原理を用 …

no image

先物取引は時代の要請

人間は常に頭の中で先を予測したり想像したりしていますが、予測という行為は人間の大脳の代表的な働きのひとつです。春の野菜は比較的安く出回りますが、夏の暑い盛りには野菜の値段が上がります。 「ここ一週間は …

no image

相場で儲けたいということ

日本の資産が海外で投資されるようになって、日本経済は単に物を作って売る工業社会から、いやおうなしに相場というバクチにかかわり合う金融経済社会に急速に変わりました。バクチが嫌いな人でさえ、大切なお金を防 …

no image

相場の儲けかたを考える

これであなたにできるすべてが分かりました。ところで、一番下に書いた資金が少なければ、その上に書いた仕事で、できないものもでてきます。資金が豊富にあれば、なにも仕事で収入を得なくても良いでしょう。 つま …

no image

先物取引のトラブルは突然始まった

大学の後輩と称して取引を勧誘する営業マン。先物取引の知識がないのに、知っているふりをする先輩。断り切れなくなって、お付き合いのつもりで入金したら、勤務中でも平気で電話をかけてきて、繰り返し建玉を迫られ …