先物取引の基礎知識

相場の儲けかたを考える

投稿日:

これであなたにできるすべてが分かりました。ところで、一番下に書いた資金が少なければ、その上に書いた仕事で、できないものもでてきます。資金が豊富にあれば、なにも仕事で収入を得なくても良いでしょう。

つまり限られた資金では、限られた仕事しかできないのです。在庫不要のネットビジネスをやるにしても、小額の資金を投入してはじめることはできますが、これらの仕事(?)は、無尽蔵と言えるほどありますから客集めが大変です。

さて、あなたがここにきたのは、自己資金で仕事を探すためではなくて、楽して儲ける具体的な方法を見つけるためではありませんか?いろいろなホームページを見て、「これならイケル!」とひらめいたものはありましたか?一言でいえばそんなものはこの世にはありません。誰でも楽したいと考えていて、自分の名誉や欲しいもののためには働きますが、人のためなどと思ったこともない人ばかりと考えて間違いありません。

そして、社会の中では資金を出した側から、その人のために働いた人にお金が流れ、結果的に意識したかどうかにかかわらず、社会のために働かされていて、生かされていることになります。せっかくここまで来たのですから、もう少し分かりましょう。

社会のためとは言っていても、結局儲けたいのは誰なのか。あなたが儲けたいと思うのなら、他人が儲けているのを黙って見ていることはありません。紙に書いたものを上から順に、「あなたが → したかったり欲しいもの」のためにだけ少しずつやるのです。このことを明確にしておかないと、あなたの未来があやふやなものになってしまいます。

-先物取引の基礎知識

執筆者:

関連記事

no image

デリバティブの概要

デリバティブとは、金融取引上で発生する権利などを売り買いする金融商品のことです。金融派生商品などといわれ、リスクのヘッジと収益を目的として、通貨、金利、債権、株式を対象として「先渡し」「先物」「オプシ …

no image

相場で儲けたいということ

日本の資産が海外で投資されるようになって、日本経済は単に物を作って売る工業社会から、いやおうなしに相場というバクチにかかわり合う金融経済社会に急速に変わりました。バクチが嫌いな人でさえ、大切なお金を防 …

no image

これだけ知っておけば、怖くはない

商品先物取引の営業の中には、真剣に自分の将来と経済社会における商品先物取引の有効性をいい続けていらっしゃる方もいる。 営業くさいところがまったくないところがとても好きな、小次郎さんのホームページ「営業 …

no image

金融と先物取引

金融とは、おカネを融通することであり「金融機関」とは、おカネの融通に関する業務を行っている会社のことで、私たちが最も多く利用しているのが銀行です。また銀行と同じように融資業務を行なう金融機関に「信用金 …

no image

大儲けはできなかも知れない

得体の知れないサイドビジネスにお金を出すより、元手をしっかりと作って相場を張るべきです。相場は立派な経済行為ですが、儲け話に騙されたとかということも話題になることから、ウサン臭く感じたり、インチキとい …