商品先物取引

4. 証拠金

投稿日:

証拠金の見た目は少額ですが、実際の額(総代金=まる代金)は、ビックリするほどの金額を取引しようとしてます。

総代金の数十分の分1ほどの資金で取引ができる

レバレッジとは、ご存知のように「てこ」のことですが、自分の資金を元手に、何十倍もの金額の取引ができるので「レバレッジ効果」と言っています。「てこ」の原理で、自分の力の何倍もの力を与えられるわけです。

商品先物取引の証拠金

商品先物取引は取引開始前に、取引員(取次会社)に「取引証拠金」の預託が必要になります。最初に預託する取引本証拠金の額は商品によって違いますが、最低取引単位(1枚)当り20万円前後です。しかし、実際の取引金額は、本証拠金の額の約10倍から約30倍と、とても大きな額になります。

本証拠金は、取引をするための担保金的な性格の預託金です。相場が予測に反して動き、計算上の損失が本証拠金の50%を越える状況になると、その担保価値の低下に対して、取引を継続される場合には追加の証拠金を預け入れるか、取引を終了させる必要があります。

この追加の証拠金を「取引追証拠金」、略して「追証(おいしょう)と呼びます。取引が追証になるということは、その後相場が反転することはきわめて少なく、追加で「追証」を預託しても、さらに損失が膨らむことが多々あります。「追証」になったら、一端取引は終了して、損失を追加してまた* 一から出直すべきです。

-商品先物取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

商品先物取引の魅力

商品先物取引は、取引を行う担保としての「証拠金」を預託することで、その証拠金の10倍以上の取引金額の取引を行うことができる証拠金取引です。このハイリスク・ハイリターンの先物商品は、投下資金に対する資金 …

no image

取引員の役割

商品先物取引は、取次をする業者に証拠金(保証金)を預託すると、取引をはじめることができます。 商品先物取引の取次をするのが商品取引員 株式市場の証券会社に当たるのが商品取引員です。売買の注文は、商品取 …

no image

7. 委託契約

商品取引員へ委託する 商品先物取引は、「商品取引所法」により日本国内に設置された商品取引所の商品市場において行われている取引です。取引員以外に直接個人が取引できませんので、取引員にお金を預けて取引を委 …

no image

商品取引員

商品先物取引のオンライントレードができない取引員では......... ・リクルート情報では、いつも社員を募集していて、しょっちゅう担当者の配置換えや移動がある。 ・顧客の獲得は、地道に足を使って名刺 …

no image

8. 契約手順

•取引員=あなたからの注文を取り次ぐ会社。 •外務員=その会社に雇われている人及び従業員。 •資金を預託する取引員(会社)を選ぶ際には、オンライントレード(ホームトレード)がきる取引員を選びましょう。 …