商品先物取引

4. 証拠金

投稿日:

証拠金の見た目は少額ですが、実際の額(総代金=まる代金)は、ビックリするほどの金額を取引しようとしてます。

総代金の数十分の分1ほどの資金で取引ができる

レバレッジとは、ご存知のように「てこ」のことですが、自分の資金を元手に、何十倍もの金額の取引ができるので「レバレッジ効果」と言っています。「てこ」の原理で、自分の力の何倍もの力を与えられるわけです。

商品先物取引の証拠金

商品先物取引は取引開始前に、取引員(取次会社)に「取引証拠金」の預託が必要になります。最初に預託する取引本証拠金の額は商品によって違いますが、最低取引単位(1枚)当り20万円前後です。しかし、実際の取引金額は、本証拠金の額の約10倍から約30倍と、とても大きな額になります。

本証拠金は、取引をするための担保金的な性格の預託金です。相場が予測に反して動き、計算上の損失が本証拠金の50%を越える状況になると、その担保価値の低下に対して、取引を継続される場合には追加の証拠金を預け入れるか、取引を終了させる必要があります。

この追加の証拠金を「取引追証拠金」、略して「追証(おいしょう)と呼びます。取引が追証になるということは、その後相場が反転することはきわめて少なく、追加で「追証」を預託しても、さらに損失が膨らむことが多々あります。「追証」になったら、一端取引は終了して、損失を追加してまた* 一から出直すべきです。

-商品先物取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

商品先物取引の種類

東京工業品取引所上場商品 商品先物取引は差金決済のほか、標準品を現受け(現物の受け渡し)することもできます。例えば、金1枚(1kg)は、価格2,000円/1gなら、2000円×1000g=2,000, …

no image

11. 開始の建玉

商品先物取引の相場表から予想通りに日経平均が動いたら反対売買により利益を得ることができます。また、当然相場が逆に動けば損失が発生します。 商品先物取引の取引ルール 1日の取引例を相場表で見てみましょう …

no image

10. 限月

商品先物取引は「期限のある取引」です。新甫に建玉したら、最長1年先の納会日の前場までに決済しなければなりません。 限月(げんげつ) 商品先物取引は6限月制で、最も早く終わる月を「期近(きじか)」、最も …

no image

超ハイリスクも魅力のひとつ

商品先物取引は先物取引の魅力である、差金決済、資金のレバレッジ効果のほか、株式との関連性が低いので、リスク分散にも適しています。 一般に商品の売買(取引)をする場合には、100万円の商品を買って、それ …

no image

狭い市場の商品先物取引も取引は対等

相場は、値段が毎日動いているのですから、値動きを予測することは到底不可能です。だから「相場はバクチだ」という人もいるのですが、世間で言うように本当に相場はバクチなのでしょうか。 相場と賭博は程度の差は …