商品先物取引

超ハイリスクも魅力のひとつ

投稿日:

商品先物取引は先物取引の魅力である、差金決済、資金のレバレッジ効果のほか、株式との関連性が低いので、リスク分散にも適しています。

一般に商品の売買(取引)をする場合には、100万円の商品を買って、それが120万円になった時に売れば、20万円の利益が生じます。ところが証拠金取引は、商品代金の100万円を支払うかわりに、代金の5~10%程度の証拠金を担保として預け入れることで、100万円の取引ができます。

この資金効果は、小さな元手で、大きな取引を行うことができるので、レバレッジ(テコ)効果と言われますが、投下資金に対する資金効率に優れている反面、相場が予測に反した場合は、相対的にリスクも大きくなります。

-商品先物取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

16. 商品先物取引とはなにか

商品の取引所では、農産物や工業品の原材料の価格が、毎日の立会ごとに少しずつ違うのは、品物がいつも同じ数量だけあるとは限らないことや、売る人の数も買う人の数も瞬間ごとに違っているからなのです。商品の値段 …

no image

4. 証拠金

証拠金の見た目は少額ですが、実際の額(総代金=まる代金)は、ビックリするほどの金額を取引しようとしてます。 総代金の数十分の分1ほどの資金で取引ができる レバレッジとは、ご存知のように「てこ」のことで …

no image

取引員の役割

商品先物取引は、取次をする業者に証拠金(保証金)を預託すると、取引をはじめることができます。 商品先物取引の取次をするのが商品取引員 株式市場の証券会社に当たるのが商品取引員です。売買の注文は、商品取 …

no image

11. 開始の建玉

商品先物取引の相場表から予想通りに日経平均が動いたら反対売買により利益を得ることができます。また、当然相場が逆に動けば損失が発生します。 商品先物取引の取引ルール 1日の取引例を相場表で見てみましょう …

no image

14. やってはいけない商品先物取引

資金量に対する建玉数で、追証がかからないようにすること追証が掛ったら即、取引終了とすることが、損害を最小限にする極意です。 建玉したその日に証拠金の半分がなくなる その日に預けた証拠金のほとんど無くな …