商品先物取引

12. 注文と決済

投稿日:

売買の注文 (建玉をする)

取引員に証拠金を預託したら、建て玉の注文ができます。何の銘柄の/何限月を/何枚/成行で/売りか買いをするのが最初の注文です。値段を指示して売買することもできますが、考えてやってもあまり上手くできません。成行注文は最優先で取引されます。

総資金量から建玉枚数を決める

自分が持っている資産の総額ではなく、取引にすべて使っても、他に影響がないお金の総額から、何枚建玉するかを考えます。というのは、ストップ値段が2日連続することが珍しくないので、アッと言う間に追証がかかることがあり得るからです。

100万円あったら、漠然と「半分くらいはいいだろう」と考えがちですが、さらにその半分、つまり25万円分くらいの証拠金になる建玉数にすべきです。仮に金1枚の証拠金が10万円なら、25万円÷10万円=2枚と考えるべきです。

転売・買戻しの注文の指示 (相場の変動を見て手仕舞う)

取引員に委託した建て玉を、その後の相場変動により利益が出ているうちに終了したい、、あるいは値洗い損となったので損切りたい、と判断したら取引員に建て玉を手仕舞まう(仕切る)ための指示をします。売買の注文と同じように、何の銘柄の/何限月を/何枚/成行で/手仕舞いするかを指示します。買い注文(買建て玉)の決済は転売(仕切り・買落ち)であり、売り注文(売り建て玉)の決済は(仕切り・買戻し)で行います。

反対売買による差金決済 (利益が出たら受取る)

手仕舞い(仕切り)が成立すると、損益が計算され取引員から売買差損益金に委託手数料等を含めて計算した「売買報告書及び売買計算書」が送られてきます。利益金の支払いを受けたいときは、商品取引員にご請求下されば4営業日以内に支払われます。

委託手数料

商品取引員に委託して取引を行った委託者は、その決済時に商品取引員に対して委託手数料を支払わなくてはなりません。その額は、各商品ごとに商品取引所によって定められており、新規の売り付けもしくは買い付けに係る委託手数料と仕切りの転売・買戻しに係る委託手数料がかかります。

-商品先物取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

16. 商品先物取引とはなにか

商品の取引所では、農産物や工業品の原材料の価格が、毎日の立会ごとに少しずつ違うのは、品物がいつも同じ数量だけあるとは限らないことや、売る人の数も買う人の数も瞬間ごとに違っているからなのです。商品の値段 …

no image

超ハイリスクも魅力のひとつ

商品先物取引は先物取引の魅力である、差金決済、資金のレバレッジ効果のほか、株式との関連性が低いので、リスク分散にも適しています。 一般に商品の売買(取引)をする場合には、100万円の商品を買って、それ …

no image

10. 限月

商品先物取引は「期限のある取引」です。新甫に建玉したら、最長1年先の納会日の前場までに決済しなければなりません。 限月(げんげつ) 商品先物取引は6限月制で、最も早く終わる月を「期近(きじか)」、最も …

no image

11. 開始の建玉

商品先物取引の相場表から予想通りに日経平均が動いたら反対売買により利益を得ることができます。また、当然相場が逆に動けば損失が発生します。 商品先物取引の取引ルール 1日の取引例を相場表で見てみましょう …

no image

6. 商品先物取引のしくみ

差金決済 一般の人が利用する先物取引は、約束の期日(限月の到来する日)の前に、反対の売買(買い付けていたものは転売し、売り付けていたものは買い戻す=転売・買戻し)を行うことによって売りと買いを相殺し、 …