未分類

海外出張で保険の扱い

海外出張の準備は、まず企業の海外出張旅費規程をよく理解して、出張計画を立てたり、保険の準備をすることから始まります。


企業でおおむね設定されている旅費は、支度料、日当、宿泊費、交通費、荷物輸送諸費用、ビザやパスポートの取得費用などの雑費、電話や郵便などの通信費があります。
出張と赴任では、労災保険の扱いや、取得するビザの種類が変わってくるので注意が必要です。長期滞在だから赴任となるわけではなく、長期出張という扱いもあります。
保険については、日本の労災保険は、国内の事業に限るとされており、海外出張の場合は、何も申請しなくても、保険の適用対象となります。
海外赴任の場合も、労災保険法の条件に合えば、特別加入の申請をすることで適用されます。手続きをしないと、適用されないので、必要な場合は忘れないようにしましょう。

[最終更新日] 2007/01/05



-未分類
-

先頭へ





FX月間損益グラフ

最新の投稿