未分類

介護保険

投稿日:

 保険の中で「介護保険」とは、2000年にスタートした、新しい社会保険制度です。


 40歳以上の人を対象とした強制保険で、保険料を納め、介護が必要となったときに、保険給付を受けて介護サービスを購入します。
 従来の行政主導の制度から、利用者が「権利」として介護サービスを選択する新しい契約制度です。
 現在、日本では高齢化がどんどん進んでいる一方、生まれる子供の数はそれほど増えず、少子高齢化が急速に進んでいるために新たに設けられました。
 40歳以上の人全員が強制的に被保険者となり保険料を負担します。介護が必要と認定されたとき、費用の一部(原則10%)を支払って介護サービスを利用する制度です。
40歳以上64歳未満の方を第2号被保険者、65歳以上の方を第1号被保険者といいます。
 第1号被保険者は、介護や支援が必要となったと認定された場合にサービスを利用できます。
 第2号被保険者は、特定の病気(老化との間に原因が認められる)が原因で介護や支援が必要と認定された場合にのみ、サービスを利用できます。
 また、2006年4月から新たな「介護予防」を重視したシステムなどがスタートしています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

自動車保険

 保険のうち、自動車保険とは「事故に遭った被害者に対する金銭的な救済」「事故を起こした加害者の金銭的負担の援助」を援助するための制度です。

no image

ネット銀行(オンラインバンク)とは

ネット銀行を国内で初めて開業したのは「ジャパンネット銀行」です。その後、イーバンク銀行、ソニー銀行も参入し、現在は、この3行が「ネット専業銀行」と呼ばれています。

no image

不動産業界における不動産投資の倫理性

 不動産は「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。

no image

ビジネスの基本

 ビジネスとは、モノやサービスの提供によって利益を得ること、ともいえるでしょう。

no image

週末起業で儲ける

何をするか、どれくらいの知識や準備があるか、によります。