未分類

社会保険の現状

投稿日:

 保険について「社会保険」のうち主なものである、健康保険、厚生年金保険の保険料について見てみましょう。


 保険料は給料の月額によって決定されています。健康保険の場合の保険料率は介護保険に該当しない場合は8.5%、該当する場合は9.59%。厚生年金保険は17.35%です。
例えば標準の給料が220,000円の場合、健康保険料で約21,000円。厚生年金保険で約38,000円にもなり、これを会社と社員である被保険者が半分ずつ負担することになります。
 また、2003年4月から医療保険制度が改正になったため、被保険者の負担はより一層重いものになっています。
 これは、高齢化社会化によりこのままでは、日本の医療保険制度によって、保険料が払えない事態に陥るからです。
 内容は、「被保険者の一部負担割合が現在の2割から3割への増加」「任意継続被保険者期間が最長2年に短縮」「被保険者資格喪失後の継続給付が廃止」など、保険制度の破綻を回避するための改正のため、被保険者の負担は増加する、という厳しい状況となっています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

不動産における土地家屋調査士

 不動産における土地家屋調査士という言葉を、いや、言葉じゃないな、役柄を、いや、職業を、皆さんは聞いたことがあるでしょうか?

no image

経済学

経済学とは何でしょうか。  経済、と聞いただけでも何だか難しそうなのに、経済学なんて、えらい学者が自分とはどこか違う世界で論じていることのように思えてくるかもしれません。

no image

コンピュータの歴史

コンピュータの歴史をご存知でしょうか。

no image

経済ということ

経済とは、ものやお金、サービスが流通していく仕組みのことをいいます。

no image

パソコンを使いたい!

パソコンをみんなが使っている。  最近は、学校でも会社でも、家では子供まで、誰もが使う生活必需品のように言われています。