未分類

損害保険

 保険のうち「損害保険」とは偶発的な事故や、風水害などの自然災害など、偶然のリスクによって生じた損害を補償するのが目的の保険です。


 「自動車保険」「火災保険」「地震保険」「傷害保険」など、目的別に色々なものがあります。
 「自動車保険」とは、自動車の使用に伴う損害を補償する保険です。「強制保険」と言われる「自賠責保険」もその1つです。
 「火災保険」とは、建物や建物内に収容された物品の、火災や風水害による損害をカバーする保険です。
 「地震保険」とは地震による災害で発生した損失を補償する保険です。(地震で発生した火災の被害は、火災保険では補償されません)
1995年の阪神・淡路大震災以降加入の動きが広まったと言われています。
 「障害保険」とはケガにより死亡したときや、入院・通院したときのための保険です。
 「損害保険」の特徴としては、契約金額がどれほどであっても、実際の損害額を超えることがない点があげられます。また、一定額の保険金が支払われる仕組みである生命保険とは違い、損害額・過失の有無などによって保険金の保障額が変わる「実損払方式」が中心となっています。
 交通事故や台風や地震といった自然災害など、わたしたちの生活の中にある様々なリスク(危険)に対応する有効な手段が損害保険です。
 「備えあれば憂いなし」というのが、損害保険を表すよいキーワードといえるでしょう。

[最終更新日] 2007/01/05



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ





FX月間損益グラフ

最新の投稿