未分類

国民健康保険の利用

 保険のうち「国民健康保険」とは、自治体ごとに運営され、保険料も異なっています。


 一般的な病気の場合以外にも「はり、きゅう、マッサージなどの施術」「海外で医療機関を受診」「子供が生まれたとき」「被保険者がなくなったとき」などにも支給を受けることができます。
 保険料は原則として前年の収入等に対してかかってくるので、所得が減れば翌年の保険料は少なくなります。
 また、失業して保険料の納付が困難な場合などに、保険料を支払わなくてもよい「減免制度」、保険料が安くなる「減額制度」、支払いを延ばす「徴収猶予」「分割納付」などの制度もあります。
 仕方なく未払いで放置するとしても、いずれ必要になり、加入の届出を行うと、国民健康保険に加入しなければならなかった日にさかのぼって加入になるので、そこからの保険料を請求され、高額な請求が発生しびっくりする人も多いようです。気をつけましょう。

[最終更新日] 2007/01/05

-未分類

先頭へ