未分類

生命保険の選び方

投稿日:

 保険の中で「生命保険」には多くの種類があります。一度加入しても結婚や出産、転職などライフサイクルの変化によって、必要な保険が変わってくる場合もあるでしょう。


 保険の選び方は、まず、どのような目的で生命保険に入るのかを決めましょう。
 「必要な補償額」「どのようなことを期待するのか(万が一の場合の家族への収入の保証、一時的出費に対する対応、医療保障?生存しているときの収入減などの対応、老後の生活保障)」を決め、その後に、必要なサイズ(期間・金額)などを選びましょう。
 また、ライフステージに合わせ保険を選びなおすことになった場合のポイントとしては、やはり、基本に戻って、自分に必要な期間と補償額・保障内容なのかどうかをチェックしましょう。
 また、なるべく、現在加入している保険を継続する方が得になります。入りなおすと契約年齢が高くなるために保険料が高くなったり、現在の健康状態によっては不利な契約になることもあります。解約は最終手段と考えましょう。
 実際に生命保険を選びなおす際には、、生命保険の種類を変える「転換」制度が思い浮かびますが、それ以外にも保障額を途中から変更する「中途増額・減額」、オプションの特約のみを削り本契約のみにする「特約のみ解約」、保険料の払込みをやめて保障を残す「払済保険」「延長保険」などの方法もあります。
 どのような目的で選ぶのか、今後のライフサイクルの変化、などを考え自分にあった生命保険を選びましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ミクロ経済、マクロ経済とは

 経済は、個人を主体として考える場合と、国家レベルで全体を見渡す場合と、ざっくり分けると2つの面から見ることができます。

no image

ビジネスの基本

 ビジネスとは、モノやサービスの提供によって利益を得ること、ともいえるでしょう。

no image

ホームページとブログで広告収入

 広告収入を副業として儲けるサラリーマンや主婦が増えています。  広告収入だけで食っている人も大勢います。

no image

経済効果ということ

 経済効果は、提供した商品がまずヒットすることが大切ですが、ヒットしたものにどれだけ便乗するかも大切なようです。

no image

コンピュータ操作者 資格試験

コンピュータのエンジニアは、資格試験より実践力だ、などと言われています。