未分類

生命保険

投稿日:

 保険の中で「生命保険」とは人に対してかけるもので、事故や災害、または経済的損失などによる経済的損失(負担)に備えるための保険制度です。


 万一の時に備える一番身近な手段は貯蓄です。しかし貯蓄については、自分が貯蓄した分の金額しか受け取れませんが、生命保険は契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができます。そのため保険は効果的なリスクファイナンスともいえるでしょう。
 生命保険には、主に「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つの種類があります。
 終身保険は、保険期間が一生涯続く保険です。
 主に、被保険者が死亡したときの遺族保障が目的です。相続税を保険金で払うケースも多くあります。
 解約した場合でも解約払戻金があり、保険料は定期保険よりも割高になります。
 定期保険とは、保険期間が決まっている保険です。保険期間内に被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われます。
 掛け捨てなので保険料は割安ですが、期間が切れた場合、掛金は戻りません。
 保険期間が一定なので一時的に保障を増やしたいときなどに加入します。
 主に、被保険者が死亡したときの遺族保障が目的です。
 養老保険とは、定期保障と同様、保険期間が決まっていて、通常の死亡・病気時などの保険金の受け取りの他に、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れるので、貯蓄にも利用されます。
 保険料は定期保険・終身保険と比べ一般に割高です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ビジネスに役立つ資格試験のいろいろ

 ビジネスマンが、資格試験に挑戦するには、ゆっくり休みたい通勤電車の中、家でのくつろぎタイムを割いて、ある程度勉強しなくてはいけないでしょう。

no image

不動産投資にかかる不動産

 不動産の世界においては不動産投資というものがある。  不動産投資というのは、不動産買い取りに対して資本を投入する、地価の変動・上下というものがあるから、できるだけ、近接した場所で不動産を買い取る。そ …

no image

起業は小さくはじめる

起業のために、資本金が安く済む方法ってないのでしょうか。  という話をする以前に、起業方法によっては、実は資本金などいらないのです。

no image

インフレとデフレ

 インフレとは、物の価値が少しずつ上がっていき、お金の価値が下がっていくことです。英語ではインフレーションですが、日本ではインフレという単語で定着しています。

no image

戦後最長のいざなぎ景気

いざなぎ景気とは、1965年10月から1970年にかけて続いた空前の好景気のことです。いざなぎ景気は57ヶ月続き、戦後最長の景気拡大期となりました。