未分類

不動産における賃貸契約の注意点

投稿日:

 不動産における賃貸契約の注意点の第三点目とは一体なんだろうか?


 不動産における賃貸契約の注意点を決して侮ってはいけないのである。
 不動産は、なぜならば、不動の財産であって、人の大切な財産である。
 賃貸の契約の際には、その前提に基づいて、注意点が語られ、賃貸の契約において誤りや漏れがないように、最大限の注意点を配慮しなければならない。
 これが不動産における賃貸契約の注意点の鉄則の筆頭に挙げられる事項なのである。
 不動産は人々にとって雨露をしのぐ家であったり、土地であったり、もろもろの形態を取る可能性がある。
 不動産における賃貸契約の注意点の複数の項目に掲げられている通り、賃貸契約の注意点を外さない形で、事態に対処して、悔いのない不動産における賃貸の契約を結んで欲しいと、注意点の執筆者は切に願うものである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

不動産における土地家屋調査士

 不動産における土地家屋調査士という言葉を、いや、言葉じゃないな、役柄を、いや、職業を、皆さんは聞いたことがあるでしょうか?

no image

経済効果ということ

 経済効果は、提供した商品がまずヒットすることが大切ですが、ヒットしたものにどれだけ便乗するかも大切なようです。

no image

バブル景気

バブルとは、実体経済とかけ離れて貨幣経済がシャボン玉(bubble)のように膨張して好況な状態のこと。 しかし、「バブル」という言葉が示唆するように、バブル経済は実質的内容に乏しく、いずれ消滅するもの …

no image

社会保険の現状

 保険について「社会保険」のうち主なものである、健康保険、厚生年金保険の保険料について見てみましょう。

no image

出張旅費を格安に抑える

出張はビジネスマンにはつきものです。出張先での仕事だけではなく、出張旅費もスマートに格安に抑えて、さりげなく有能さをアピールしてみましょう。