未分類

競売で不動産の物件処理

 不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも述べたように、幻影性があるので、競売という不動産物件において、不動産物件に興味のある人が、次から次へと値段をつけていく。


 不動産における競売というのは、「競って売る」と書くが、希望者が奪い合うように、競い合って何とかその物件・不動産を自分の掌中に収めようとする。
 それは非常に不動産物件の特性を考えてみてもらっても分かるように、もともと幻影なのだから、値段をあれやこれや競売してつけていっても、実態がない。ゆえに、他の人には何らの迷惑を及ぼさないのであるから、競売して物件を競り落としたらいいでしょ?と不動産業界では、競売の利便性がことさらに強調される。
 物件がだぶついて困っている人たちにも、非常に有益なる機会を提供するのであるから、当該手法が頻繁に用いられるゆえんである。

[最終更新日] 2007/01/01



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ





FX月間損益グラフ

最新の投稿