未分類

競売で不動産の物件処理

投稿日:

 不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも述べたように、幻影性があるので、競売という不動産物件において、不動産物件に興味のある人が、次から次へと値段をつけていく。


 不動産における競売というのは、「競って売る」と書くが、希望者が奪い合うように、競い合って何とかその物件・不動産を自分の掌中に収めようとする。
 それは非常に不動産物件の特性を考えてみてもらっても分かるように、もともと幻影なのだから、値段をあれやこれや競売してつけていっても、実態がない。ゆえに、他の人には何らの迷惑を及ぼさないのであるから、競売して物件を競り落としたらいいでしょ?と不動産業界では、競売の利便性がことさらに強調される。
 物件がだぶついて困っている人たちにも、非常に有益なる機会を提供するのであるから、当該手法が頻繁に用いられるゆえんである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

景気動向指数とは

景気が上向きなのか、下向きなのかを見るための指標で、特に重要とされるのが景気動向指数です。 景気動向指数は、景気の動きに特に敏感な複数の指標の動きから算出される数値で、これによって総合的に景気局面の判 …

no image

不動産業界における不動産投資の倫理性

 不動産は「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。

no image

不動産における競売と物件

 不動産の世界では競売というものがあって、物件確保の際の一つの手段ということができる。

no image

翻訳ソフト

 翻訳ソフトとは、自動翻訳のためのソフトウェアで、基本的にはパソコンにインストールして使うものですが、WEB上で使えるものもあります。当初は英語を扱う翻訳ソフトが中心でしたが、近年はドイツ語・フランス …

no image

不動産における賃貸契約の注意点

 不動産における賃貸契約の注意点について、話そう。