未分類

競売で不動産の物件処理

投稿日:

 不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも述べたように、幻影性があるので、競売という不動産物件において、不動産物件に興味のある人が、次から次へと値段をつけていく。


 不動産における競売というのは、「競って売る」と書くが、希望者が奪い合うように、競い合って何とかその物件・不動産を自分の掌中に収めようとする。
 それは非常に不動産物件の特性を考えてみてもらっても分かるように、もともと幻影なのだから、値段をあれやこれや競売してつけていっても、実態がない。ゆえに、他の人には何らの迷惑を及ぼさないのであるから、競売して物件を競り落としたらいいでしょ?と不動産業界では、競売の利便性がことさらに強調される。
 物件がだぶついて困っている人たちにも、非常に有益なる機会を提供するのであるから、当該手法が頻繁に用いられるゆえんである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

サイドビジネスの実際

 サイドビジネスは、ここ数年特に注目を浴びていて、個人がサイドビジネスを起こすための情報が氾濫しています。

no image

経済効果

 経済効果とは、モノやサービスを提供した結果、どれほどお金が動いたか、影響する範囲の金額をあらわしたものです。

no image

コンピュータ犯罪の歴史

コンピュータはこの2?30年で、大企業や一部個人だけが持つ孤立時代、電話回線を通じてデータのやりとりを行う草の根ネットワーク時代を経て、誰もがテレビのように見たり、世界に情報を発信したりできる大規模で …

no image

コンピュータ操作者向け資格試験

コンピュータの資格試験は、ほんとうにたくさんありますね。

no image

不動産における賃貸契約の注意点

 不動産における賃貸契約の注意点の第三点目とは一体なんだろうか?