未分類

不動産における競売と物件

投稿日:

 不動産の世界では競売というものがあって、物件確保の際の一つの手段ということができる。


 不動産は住む人がいて初めて成り立つが、例えばある不動産から、人がとんずらしたとする。
 不動産を置き去りにする夜逃げというやつだが、物件が宙に浮いた形となる。
 不動産の所有者は、たいていは負債を抱えていてその不動産・物件は債権者の手に渡る形となる。
 不動産の債権者は物件を処理したい場合に、物件を売り出し、物件に注目した人たちが、不動産に値段を付けていく。
 不動産の値段をできるだけ高い値段をつけた者が最終的に落札するのが競売である。
 不動産の世界では競売はよく行われることではある。
 不動産の世界に競売はなじみやすい、競売というスタイルが物件の処分には好都合だから、不動産の世界ではよく用いられるのが競売という物件処理のスタイルなのである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

起業支援の助成金

起業の支援には、さまざまなものがあります。  まず第一に思いつくことは、お金ですね。

no image

ネットで副収入を得る方法

ネットで副収入を得る方法の一つは、アフィリエイト・プログラムです。

no image

ネットで副収入を得るために

ネットで副収入を得るためには、どんな方法があるのでしょうか?

no image

いざなぎ景気と庶民のライフスタイルの変化

いざなぎ景気とは1965年10月から57ヶ月続いた好景気のことです。日本のGNPがアメリカに次いで世界第2位となるなど、いざなぎ景気は日本の経済史上大きな意味を持つものですが、このいざなぎ景気は、庶民 …

no image

コンピュータ操作者 資格試験

コンピュータのエンジニアは、資格試験より実践力だ、などと言われています。