未分類

不動産における競売と物件

投稿日:

 不動産の世界では競売というものがあって、物件確保の際の一つの手段ということができる。


 不動産は住む人がいて初めて成り立つが、例えばある不動産から、人がとんずらしたとする。
 不動産を置き去りにする夜逃げというやつだが、物件が宙に浮いた形となる。
 不動産の所有者は、たいていは負債を抱えていてその不動産・物件は債権者の手に渡る形となる。
 不動産の債権者は物件を処理したい場合に、物件を売り出し、物件に注目した人たちが、不動産に値段を付けていく。
 不動産の値段をできるだけ高い値段をつけた者が最終的に落札するのが競売である。
 不動産の世界では競売はよく行われることではある。
 不動産の世界に競売はなじみやすい、競売というスタイルが物件の処分には好都合だから、不動産の世界ではよく用いられるのが競売という物件処理のスタイルなのである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

不動産業界における不動産投資の倫理性

 不動産は「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。

no image

起業する

起業でもしてみようかな。  最近、サラリーマンや主婦業のかたわら、副業で会社を作ってしまう人が増えています。

no image

公共広告機構

公共広告機構とは、1300社程度の広告関連会社が参加している、非営利組織です。

no image

不動産における賃貸契約の注意点

 不動産における賃貸契約の注意点の第三点目とは一体なんだろうか?

no image

不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察

 マンション探しのコツについてもう少し考察を深めていきたい。