未分類

不動産業界における不動産投資の倫理性

投稿日:

 不動産は「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。


 不動産と対極にある動産は動かすことのできるものだから、これはいろいろとある。
 不動産投資は、土地や建物という本来、価値のないものに対して価値をつけていくわけだから、幻影のようなものだ。
 不動産における不動産投資は、幻影性を利用するのであくどいことをする奴もいる。
 不動産自体は何ら変化しないのに、価値が変動しているかのように見えるのは、人々が共通の幻影を抱いているという、幻影に踊らされているという、一つの証左であろうが、不動産投資において、一定の倫理・歯止めのようなものがないと、バブル崩壊を引き起こすような悲惨な破局を迎えることは必至であろう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

いざなぎ景気と庶民のライフスタイルの変化

いざなぎ景気とは1965年10月から57ヶ月続いた好景気のことです。日本のGNPがアメリカに次いで世界第2位となるなど、いざなぎ景気は日本の経済史上大きな意味を持つものですが、このいざなぎ景気は、庶民 …

no image

ネット銀行について

ネット銀行は、店舗での営業活動をほとんど行わずに、インターネット上でサービスを提供する銀行のことです。「ネットバンク」、「オンラインバンク」などとも呼ばれます。

no image

週末起業

週末起業という言葉をよく聞きます。  ここ数年のことです。

no image

不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察

 マンション探しのコツについてもう少し考察を深めていきたい。

no image

出張旅費を格安に抑える

出張はビジネスマンにはつきものです。出張先での仕事だけではなく、出張旅費もスマートに格安に抑えて、さりげなく有能さをアピールしてみましょう。