未分類

不動産投資にかかる不動産

投稿日:

 不動産の世界においては不動産投資というものがある。
 不動産投資というのは、不動産買い取りに対して資本を投入する、地価の変動・上下というものがあるから、できるだけ、近接した場所で不動産を買い取る。そうするとその地域一帯における地下が上昇し、不動産の価格が上昇する。


 不動産の価格が上昇した段階で、一気にそれらの不動産を売り払う。
 結果、不動産投資のために買い取りを行う際に投入した最初の金額と、不動産を売却した際の差額分によって、一気にもうかるという、不動産投資における鉄則というものがある。
 この鉄則に則って、不動産投資における資本をできるだけ増大させるような行為全般を指して、不動産業界における不動産投資という用語が使われているという現状が呈されているのである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ホームページとブログで広告収入

 広告収入を副業として儲けるサラリーマンや主婦が増えています。  広告収入だけで食っている人も大勢います。

no image

広告代理店の実際

 広告代理店というと、電通や博報堂などの有名な企業があり、華やかなイメージを持っている人が多いかもしれません。

no image

日本のバブル景気

バブル景気とは、日本においては1980年代後半から1990年代初頭にかけてみられた空前の好景気をさします。 1985年のプラザ合意以後、円高が急速に進行し、国内では大幅な貿易黒字が生まれました。

no image

戦後最長のいざなぎ景気

いざなぎ景気とは、1965年10月から1970年にかけて続いた空前の好景気のことです。いざなぎ景気は57ヶ月続き、戦後最長の景気拡大期となりました。

no image

パソコンを使いたい!

パソコンをみんなが使っている。  最近は、学校でも会社でも、家では子供まで、誰もが使う生活必需品のように言われています。