未分類

ミクロ経済、マクロ経済とは

 経済は、個人を主体として考える場合と、国家レベルで全体を見渡す場合と、ざっくり分けると2つの面から見ることができます。


 ミクロ経済(個人主体)、マクロ経済(全体)という言葉が、それぞれ使われています。
 ミクロ経済として考えられるものは、まず個人や家族の家計。そして企業、地方の財政などです。それらが所有しているお金をどのようにやりくりして、欲求を満たすか、利益をあげるかなどを分析するために、満足度を「効用」と定義し、それを最大化するための理論をいろいろあげています。
 経済に関連する言葉で、需要曲線や供給曲線、消費税が家計や企業に与えている影響などがいわれていますが、これはすべてミクロ経済の範囲のものです。
 マクロ経済では、賃金と物価の実質的な価値、インフレやデフレ、国内で1年間でどれくらいのお金が動いたか(国内総生産:GDP)、紙幣の発行、ゼロ金利政策、円高や円安などがあげられます。
 経済とは、とらえる視点の違いで、さまざまな理論があるんですね。

[最終更新日] 2006/12/15

-未分類

先頭へ



月間の損益

月間の損益

FX月間損益グラフ