未分類

ミクロ経済、マクロ経済とは

投稿日:

 経済は、個人を主体として考える場合と、国家レベルで全体を見渡す場合と、ざっくり分けると2つの面から見ることができます。


 ミクロ経済(個人主体)、マクロ経済(全体)という言葉が、それぞれ使われています。
 ミクロ経済として考えられるものは、まず個人や家族の家計。そして企業、地方の財政などです。それらが所有しているお金をどのようにやりくりして、欲求を満たすか、利益をあげるかなどを分析するために、満足度を「効用」と定義し、それを最大化するための理論をいろいろあげています。
 経済に関連する言葉で、需要曲線や供給曲線、消費税が家計や企業に与えている影響などがいわれていますが、これはすべてミクロ経済の範囲のものです。
 マクロ経済では、賃金と物価の実質的な価値、インフレやデフレ、国内で1年間でどれくらいのお金が動いたか(国内総生産:GDP)、紙幣の発行、ゼロ金利政策、円高や円安などがあげられます。
 経済とは、とらえる視点の違いで、さまざまな理論があるんですね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

起業支援

起業の支援をしてくれる、そんな団体を使わない手はありません。

no image

インターネット広告

 インターネット広告とは、インターネット上で情報発信するサイトに、広告主の広告を掲載する広告です。  インターネットでの情報発信には、実に多彩な種類があります。

no image

コンピュータ犯罪の歴史

コンピュータはこの2?30年で、大企業や一部個人だけが持つ孤立時代、電話回線を通じてデータのやりとりを行う草の根ネットワーク時代を経て、誰もがテレビのように見たり、世界に情報を発信したりできる大規模で …

no image

損害保険の種類

 保険のうち、「損害保険」には、大きく分けて、「ノンマリン分野」「マリン分野」の2種類があります。

no image

コンピュータ操作者 資格試験

コンピュータのエンジニアは、資格試験より実践力だ、などと言われています。