未分類

ネット証券とオンライントレード

投稿日:

ネット証券とは、インターネットを利用した証券取引サービス(オンライントレード、ネット株取引とも言う)を行っている証券会社のことです。


松井証券、イー・トレード証券、カブドットコム証券、マネックス証券等々が有名です。
 オンライントレードは、インターネットに接続できるノートパソコンや携帯電話があれば、いつでもどこでも利用できるので、主婦や学生が副業代わりに行っているというケースも見られます。それほど、最近は、ネット証券の登場によって、株式投資の敷居が低くなってきたのです。
 しかし、ネット証券の場合、従来のように、証券会社の営業担当者が銘柄についてのアドバイスをしてくれたり、相談に乗ってくれたりはしませんから、自分で情報を収集して判断し、注文を出さなければいけません。
 ネット証券の長所と短所、両面を把握したうえで、上手に利用するようにしましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

不動産業界における不動産投資の倫理性

 不動産は「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。

no image

インターネット広告

 インターネット広告とは、インターネット上で情報発信するサイトに、広告主の広告を掲載する広告です。  インターネットでの情報発信には、実に多彩な種類があります。

no image

公共広告機構の活動

 公共広告機構は、AC公共広告機構と呼ばれ、公的な資金を一切受けずに、約1300社の広告関連会社や、個人会員からなるボランティアによって構成されています。

no image

景気動向指数とは

景気が上向きなのか、下向きなのかを見るための指標で、特に重要とされるのが景気動向指数です。 景気動向指数は、景気の動きに特に敏感な複数の指標の動きから算出される数値で、これによって総合的に景気局面の判 …

no image

戦後最長のいざなぎ景気

いざなぎ景気とは、1965年10月から1970年にかけて続いた空前の好景気のことです。いざなぎ景気は57ヶ月続き、戦後最長の景気拡大期となりました。