未分類

ミクロ経済とマクロ経済

投稿日:

 経済的なものの見方には2種類あります。ざっくり分けると、自分を中心に考えるか、社会全体を中心に考えるかといったところです。


 ミクロ経済とは、自分を中心に考える経済理論。つまり、個人が何にいくらお金を使って、どう満足を味わうか、について欲求と満足度をグラフ化してみたりして分析するものです。
 森に例えると、木の1本1本を見ているようなものでしょうか。
 マクロ経済とは、社会全体から見渡す経済理論。これは、個人のお給料が10%増えても国全体の物価が12%上がってしまったら、お給料は増えたことにならないといった、国や政府のレベルでさまざまな立場のお金に対する価値を比較したり、分析したりするものです。
 森に例えると、空の上から森全体を見渡すようなものでしょうか。
 日々の生活で、定期券を買って通勤・通学し、帰りにジュースとマンガを買って帰るような経済の流れが、ミクロ経済。
 テレビをつけると、景気が悪い、円高、ゼロ金利解除などといっているのが、マクロ経済、と考えると分かりやすいかもしれません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

損害保険

 保険のうち「損害保険」とは偶発的な事故や、風水害などの自然災害など、偶然のリスクによって生じた損害を補償するのが目的の保険です。

no image

社会保険

 保険のうち「社会保険」とは国または地方公共団体が直接管理・運営する、日本の社会保障制度です。

no image

不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察

 マンション探しのコツについてもう少し考察を深めていきたい。

no image

インフレとデフレ

 インフレとは、物の価値が少しずつ上がっていき、お金の価値が下がっていくことです。英語ではインフレーションですが、日本ではインフレという単語で定着しています。

no image

景気動向指数の算出方法

景気動向指数とは、景気動向の転換点をいち早くつかむために算出される指数です。景気動向指数は、様々な経済指標の中から、景気の動向に特に敏感に反応するとされるものを選択し、3ヶ月前との変化を見て算出します …