未分類

ミクロ経済とマクロ経済

投稿日:

 経済的なものの見方には2種類あります。ざっくり分けると、自分を中心に考えるか、社会全体を中心に考えるかといったところです。


 ミクロ経済とは、自分を中心に考える経済理論。つまり、個人が何にいくらお金を使って、どう満足を味わうか、について欲求と満足度をグラフ化してみたりして分析するものです。
 森に例えると、木の1本1本を見ているようなものでしょうか。
 マクロ経済とは、社会全体から見渡す経済理論。これは、個人のお給料が10%増えても国全体の物価が12%上がってしまったら、お給料は増えたことにならないといった、国や政府のレベルでさまざまな立場のお金に対する価値を比較したり、分析したりするものです。
 森に例えると、空の上から森全体を見渡すようなものでしょうか。
 日々の生活で、定期券を買って通勤・通学し、帰りにジュースとマンガを買って帰るような経済の流れが、ミクロ経済。
 テレビをつけると、景気が悪い、円高、ゼロ金利解除などといっているのが、マクロ経済、と考えると分かりやすいかもしれません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

週末起業で儲ける

何をするか、どれくらいの知識や準備があるか、によります。

no image

競売で不動産の物件処理

 不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも述べたように、幻影性があるので、競売という不動産物件において、不動産物件に興味のある人が、次から次へと値段をつけていく。

no image

不動産と土地家屋調査士

 不動産と土地家屋調査士との関係は、一般にはあまり見えてこないものなのです。

no image

日本のバブル景気

バブル景気とは、日本においては1980年代後半から1990年代初頭にかけてみられた空前の好景気をさします。 1985年のプラザ合意以後、円高が急速に進行し、国内では大幅な貿易黒字が生まれました。

no image

海外で起業する

海外起業とは何でしょうか。  この文章を読んでいる人は日本人と想定すると、日本国外の会社オーナーになるということですね。 では、海外で起業すると、どんなメリットがあるのでしょうか。