未分類

インフレとデフレとは

 経済的に説明すると、インフレは豊かになって物が高くても売れるようになること、デフレとは、景気が悪くて、物を安くしても売れなくなること、といえるでしょう。


 インフレやデフレは、経済だけではなく、さまざまな分野でしようされる言葉で、例えば資産、負債、輸入など、需要と供給に関わることでよく使われます。
 供給されるモノに対して、欲しい人という供給が多いと、物価は高くなります。
 少子化による大学の生徒争奪戦などは、学校にとってはまさにデフレでしょう。
 逆に、子供の価値は高くなっているので、教育費や養育費は年々高くかかっています。子供にサービスを提供する親としてはインフレが進んでいるように感じるかもしれません。
 最近話題になっている援助交際なども、女子高生の供給と、援助の需要のバランスが崩れて、デフレ傾向などという人もいます。
 経済効果やインフレ、デフレなどの視点で物事を見てみると、自分の価値観について新しい発見があるかもしれませんね。

[最終更新日] 2006/12/15



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ





FX月間損益グラフ

最新の投稿