未分類

経済学ということ

投稿日:

 経済学は、社会というものの骨組みともいえるモノやサービス、お金の流れを科学的に考え、社会や国家を全体的にとらえて、現状の流れや目標を導き出すことができる学問です。


 経済学には、古典派経済学、マルクス経済学、近代経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学、ケインズ経済学、供給サイドの経済学、環境経済学、取引費用の経済学などさまざまな種類があります。これらは簡単に言うと、モノやお金が関連する分野の影響や価値観、範囲などを論じ、体系立てたものです。
 モノやお金、サービスには、需要と共有、雇用と労働、輸入と輸出、貯蓄と投資、販売と購入など、単語をあげるだけでも数え切れない要因が関連し合って流れを作っています。
 日本ではなぜか高校まで経済の流れ、つまり私たちが生きている社会の根本のルールである経済学を学ぶことがありません。
 経済とは何か、平たくいうと、どうすればお金が増え、どうすればお金が減るのかをいろんな角度から学ぶ経済学は、実のところ興味がつきないものなのではないでしょうか。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

コンピュータセキュリティでは、何を守るの?

コンピュータセキュリティとかよく言われますが、何が危なくて、何を守ればいいのでしょうか。

no image

海外出張保険とは

海外出張では、何が起きるか分かりません。いざという時に困らないために、出張計画を立てるときには、海外出張保険についても検討してみましょう。

no image

ビジネスマナーのいろいろ

 ビジネスのさまざまなシーンで、ビジネスマナーは生きていきます。

no image

戦後最長のいざなぎ景気

いざなぎ景気とは、1965年10月から1970年にかけて続いた空前の好景気のことです。いざなぎ景気は57ヶ月続き、戦後最長の景気拡大期となりました。

no image

ビジネス文書

 ビジネスの世界では、人間関係や業務が複雑に絡み合い、社会を形成しています。  ビジネスシーンに合わせたマナーがとても大切です。