未分類

経済学ということ

 経済学は、社会というものの骨組みともいえるモノやサービス、お金の流れを科学的に考え、社会や国家を全体的にとらえて、現状の流れや目標を導き出すことができる学問です。


 経済学には、古典派経済学、マルクス経済学、近代経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学、ケインズ経済学、供給サイドの経済学、環境経済学、取引費用の経済学などさまざまな種類があります。これらは簡単に言うと、モノやお金が関連する分野の影響や価値観、範囲などを論じ、体系立てたものです。
 モノやお金、サービスには、需要と共有、雇用と労働、輸入と輸出、貯蓄と投資、販売と購入など、単語をあげるだけでも数え切れない要因が関連し合って流れを作っています。
 日本ではなぜか高校まで経済の流れ、つまり私たちが生きている社会の根本のルールである経済学を学ぶことがありません。
 経済とは何か、平たくいうと、どうすればお金が増え、どうすればお金が減るのかをいろんな角度から学ぶ経済学は、実のところ興味がつきないものなのではないでしょうか。

[最終更新日] 2006/12/15



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ





FX月間損益グラフ

最新の投稿