未分類

経済学

投稿日:

経済学とは何でしょうか。
 経済、と聞いただけでも何だか難しそうなのに、経済学なんて、えらい学者が自分とはどこか違う世界で論じていることのように思えてくるかもしれません。


 私たちの生活は、さまざまな商品やサービスで支えられていて、それらを生産する仕組み、消費する仕組みを経済システムといいます。
 経済システムの中で、人や企業がつながり、市場を生み出しています。
 経済システムの中では、個人の立場、企業の立場、国家の立場、国間を調整する立場など、さまざまな人がみんなつながっています。
 それぞれの人が、自分の立場だけで物事を考えていては、全体が分かりませんね。
 経済学では、この経済システムを全体的に根本から捕らえようとしている手段なのです。
 経済学を学ぶと、よく耳にする景気や不況、経済成長、貿易、円高などの社会の流れがつかめるようになります。
 個人レベルでは、自分が何に向いていて、そこでどういう方向性を持っていけばいいかを判断する材料になります。
 さらには、個人では立ち向かえない問題に対し、産業や仕組み、国家予算をどう改革していけばいいかなどの動きが取れるような力が身につきます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ネット銀行について

ネット銀行は、店舗での営業活動をほとんど行わずに、インターネット上でサービスを提供する銀行のことです。「ネットバンク」、「オンラインバンク」などとも呼ばれます。

no image

国民健康保険の利用

 保険のうち「国民健康保険」とは、自治体ごとに運営され、保険料も異なっています。

no image

インフレとデフレ

 インフレとは、物の価値が少しずつ上がっていき、お金の価値が下がっていくことです。英語ではインフレーションですが、日本ではインフレという単語で定着しています。

no image

コンピュータ犯罪の歴史

コンピュータはこの2?30年で、大企業や一部個人だけが持つ孤立時代、電話回線を通じてデータのやりとりを行う草の根ネットワーク時代を経て、誰もがテレビのように見たり、世界に情報を発信したりできる大規模で …

no image

不動産と土地家屋調査士

 不動産と土地家屋調査士との関係は、一般にはあまり見えてこないものなのです。