金融と投資

国際投資

投稿日:

 国際投資とは、投資対象を国内の金融商品だけではなく、海外にも持つことです。


 金融商品は、世界的に数多く存在し、日本から投資できる証券や国際なども、かなりの数に上ります。
 国際投資により、まだまだ経済的成長の最中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、テロや災害、戦争による国際的リスクを分散することができます。
 国際投資はまた、各国の経済成長や経済循環のサイクルの違いを狙うこともできます。例えば、日本では不況のピークであっても、別の国では経済成長の真っ只中ということは少なくありません。
 個人投資家が証券会社を通して始めやすい国際投資としては、各国の外貨や、アメリカ、インド、中国などの証券市場でしょう。

-金融と投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

複数借り入れ「まとめローン」

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数の会社から借金を重ねている人向けに、借金をひとつにまとめて返済の手間はもちろん、ローンの利子減らしてそうというサービスです。

no image

投資信託の運用

 投資信託は、ファンドとも呼ばれ、投資家が自分で業界や企業を分析しなくても、投資の専門家が運用して、その成績による利益の分配を受けられる商品です。

no image

キャッシングローン

 キャッシングローンとは、借金をして分割返済することです。

no image

ヤミ金融の取立てと戦う

 ヤミ金融でお金を借りてしまうと、毎日、ひどいときには時間単位で利子がつき、日が経つほどに、金額が大きいほどに返すことが困難になってきます。

no image

投資顧問による投資判断

 投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。