金融と投資

投資顧問による投資判断

投稿日:

 投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。


 投資対象は、その性質により、季節や気候により周期的に変動するものや、株価のように年単位で大きな波があるものまでさまざまです。
 時には、同時多発テロのように事前に予測困難な地政学的リスクにより、1日で大きく変動することもあります。
 投資家は、自分の調査や予想に基づいて証券などの売買をします。
 近年のネット証券の流行により、爆発的に投資家数が増え、それに伴い、短期売買による早期の売買差益を狙う人が増えています。
 投資顧問が分析結果を発表した直後は、投資家の注目が集まりやすく、発表内容と現在価格の差益を狙って、大きく株価が変動することも珍しくありません。
 投資顧問の発表内容に対する過剰反応には注意が必要ですが、便乗して大きな利を得ている投資家もいるので、投資スタイルに合わせて、いろんな活用ができそうです。

-金融と投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

銀行系と消費者金融系の違い

 キャッシングを考える場合、銀行系と消費者金融系ではどう違うのでしょうか。銀行系のキャッシングの場合、まず利子が段違いに安いです。

no image

まとめローン

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数社にまたがる借金を、別の1箇所で借りたお金で一括返済し、返済のためのローンを組みなおすことです。

no image

先物取引

先物取引とは、主に、生産者が商品を取引する時点の値段を、購入者と決定しておき、その権利を売買する投資法です。

no image

FXシステムトレード

FXだけでなく、金融商品をトレードして利益をあげようとする場合、ついデータに振り回されたり、感情で判断したりしまいがちです。 システムトレードとは、そういった人間的な感情を差し挟まずに、機械的に決めら …

no image

国際投資

 国際投資とは、投資対象を国内の金融商品だけではなく、海外にも持つことです。