金融と投資

投資顧問

投稿日:

 投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、主に証券取引に関する専門知識を持つスペシャリストを指します。


 証券取引に対する分析を担当したり、投資に対する助言を担当する場合もあります。
 投資顧問は証券取引について、株相場の全体や、個々の企業の業績の現状を分析したり、本来の価値基準を計算したりして投資家に公表します。
 投資家はその情報を、株価の割安・割高の判断材料にすることも多く、しばしば公表直後の大きな株価の変動を招きます。
 投資顧問が顧客に直接投資助言をする形態は、近年のネット証券に発達により、あまり見られなくなりました。
 以前は、証券会社で投資顧問を通して証券の売買が行われることが一般的でした。手数料が高く、1日に何度も売買することは少なかったようです。

-金融と投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

FXの取引の実際

FXの取引は、円が安いときに外貨を買い、円が高くなったら外貨を売ることで、相場の差額を利益にする投資方法です。

no image

先物取引

先物取引とは、主に、生産者が商品を取引する時点の値段を、購入者と決定しておき、その権利を売買する投資法です。

no image

複数借り入れ「まとめローン」

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数の会社から借金を重ねている人向けに、借金をひとつにまとめて返済の手間はもちろん、ローンの利子減らしてそうというサービスです。

no image

投資顧問による投資判断

 投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。

no image

まとめローン

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数社にまたがる借金を、別の1箇所で借りたお金で一括返済し、返済のためのローンを組みなおすことです。