金融と投資

外国為替証拠金取引(FX)

投稿日:

FXとは、外国為替証拠金取引をする投資形態で、「外貨FX」などとも呼ばれます。


証券会社などに小額の担保金を差し入れ、その10?20倍の外貨を売買することができる仕組みです。
 外貨は、政治、経済、貿易、災害などさまざまな要因で刻々と変化しています。
 円高のときに外国の通貨を買っておき、円が安くなってから外貨を売って円に戻すと、売買の差分の利益が狙えます。
 先に外貨を売っておき、円が高くなったら買い戻すなど、持っていない外貨を売ることからも始めることができます。
 取引できる外貨の種類の豊富さ、最低証拠金や手数料の引き下げにより、近年は投資利用者が急増しています。
 証拠金の数十倍の金額を扱えるので、大きな利益を期待することもできますが、予想と異なる方向に相場が動いた場合は、損失も大きくなることがあるので、注意が必要です。

-金融と投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

国際投資

 国際投資とは、投資対象を国内の金融商品だけではなく、海外にも持つことです。

no image

キャッシングローン

 キャッシングローンとは、借金をして分割返済することです。

no image

キャッシング審査のいろいろ

 キャッシング審査では、本人の顔と証明書、住所などの個人情報はもちろん、支払い能力があるか、保証人についても調べます。

no image

キャッシングローンの利用

 キャッシングローンは、ここ数年で利用者が爆発的に増えました。  生活に密着したカードや宣伝合戦などで、社会現象にまで発展しています。

no image

まとめローン

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数社にまたがる借金を、別の1箇所で借りたお金で一括返済し、返済のためのローンを組みなおすことです。