未分類

海外起業の具体的方法

海外で起業するにはどうしたらいいでしょうか。


 その前に、あなたはほんとうにその国で、ビジネスをやりたいのでしょうか?
 日本には、食べ物も服も、小物も、インテリアも、医学も、アジアっぽさが消えてきたと言われていても、まだまだどの世界に対してもオンリーワンだといえるものがたくさん残っています。
 あるいは、海外の安い人件費、安い材料費に目をつけた、あるいは海外の文化そのものに溶け込んだビジネスもあるかもしれません。
 海外で起業すると決めても、でも、どれも日本でもできるものですね。
 言葉や風習、金銭感覚はもちろん、生まれ育った価値観自体も違う、異国の地で、そのビジネスをしていく、ということでほんとうにいいのですね?大変かもしれませんよ。
 さて、決意をしたなら、必ず現地には足を運び、現地での起業に協力を得られそうな機関や人から十分に情報を集めましょう。
 海外で起業するための初期投資、事業が安定するといわれる3年目までの運転資金程度は最低限用意しておきたいものです。
 安定するまでは、どこかで皿洗いのバイトでもしながら、という手もあります。
 海外で実際に起業を果たすまでには、法人登記、ビジネスプランの作成、場所や人の確保など、長そうな道のりが待っています。
 情報が氾濫し、飽食や飽和といった言葉が飛び交う日本。
 もし、もっとのんびりしているところで、趣味を仕事にして深呼吸して生きていけるなら、とっても気持ちがいいかもしれませんね。

[最終更新日] 2006/12/09

-未分類

先頭へ



月間の損益

月間の損益

FX月間損益グラフ