未分類

海外で起業する

投稿日:

海外起業とは何でしょうか。
 この文章を読んでいる人は日本人と想定すると、日本国外の会社オーナーになるということですね。
では、海外で起業すると、どんなメリットがあるのでしょうか。


 お金は儲かるのでしょうか。言葉や滞在ビザの問題は?
 実のところ、お金儲けが目的で海外で起業、という話はあまり聞きません。
 会社を作ると、個人では得られない滞在許可や、就労許可が取れたり、会社名義で土地が所有できることがある、などでしょうか。
 海外起業するぞ、というよりは、好きな国で趣味や特技を生業とし、楽しみながら生きていこう、と考えた結果、手段として海外で起業するというものかもしれません。
 海外で起業する場合、現地の人とのパートナーシップが大切になります。従業員として必要なこともあるでしょう。
 お客様は現地の方です。仕入れや支払いなどの商取引だけではなく、言葉や風習も違う近隣の人たちともいろんな形で信頼関係を結んでいきたいものですね

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

海外出張で保険の扱い

海外出張の準備は、まず企業の海外出張旅費規程をよく理解して、出張計画を立てたり、保険の準備をすることから始まります。

no image

コンピュータ犯罪の歴史

コンピュータはこの2?30年で、大企業や一部個人だけが持つ孤立時代、電話回線を通じてデータのやりとりを行う草の根ネットワーク時代を経て、誰もがテレビのように見たり、世界に情報を発信したりできる大規模で …

no image

不動産業界における不動産投資の倫理性

 不動産は「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。

no image

ミクロ経済とマクロ経済

 経済的なものの見方には2種類あります。ざっくり分けると、自分を中心に考えるか、社会全体を中心に考えるかといったところです。

no image

翻訳ソフト

 翻訳ソフトとは、自動翻訳のためのソフトウェアで、基本的にはパソコンにインストールして使うものですが、WEB上で使えるものもあります。当初は英語を扱う翻訳ソフトが中心でしたが、近年はドイツ語・フランス …