FX証拠金取引入門

スワップとは

投稿日:

スワップは「交換する」という意味ですが、fxでいうスワップとは、日本と通貨発行国の金利差のことを「スワップ」といっています。


日本円の金利が、他国の通貨よりも金利が低い時に、その通貨発行国の通貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして収入になるということで、簡単に言えば金利がもらえることになります。
このようにfxの証拠金取引では、円を売って外貨を買うことができます。つまり、通貨を交換することによって、このときにつく金利のことを「スワップポイント」または「スワップ金利」と呼んでいます。
日本で超低金利が続いているときは、外貨金利が円金利を上回っている状態が続きます。この時例えばfxで、米国通貨の「ドル」を購入すると、スワップにより金利がもらえるということになります。
これとは逆に、円金利がドル金利を上回った場合には、fxで円売りドル買いをしている場合は、スワップとして金利差を支払わなければならないことになります。
例えばfxでドル/円を持っていて、毎日100円のスワップがついたとすると、1年で36,500円のスワップ金利が手に入ります。
ところがこのスワップ金利、毎日引き出せるところと、反対売買して取引を決済しないと引き出せない業者がありますので、覚えておいてください。

-FX証拠金取引入門

執筆者:

関連記事

no image

fx証拠金取引の税金

fxと税金について見てみましょう。fxというのは外国為替証拠金取引のことですが、このfxの取引をしたときに収益を得た場合には、個人の場合は、所得税の中でも雑所得という取扱になります。

no image

fxロスカット

fxでロスカットとは、相場が逆に動いて、取引に必要な保証金の足りなくなり、fx業者が取り決めた割合いを下回った場合に、強制的にポジション(建玉)がすべて反対売買により決済されることを言います。 fx業 …

no image

初心者の注意ポイント

fx初心者が注意しなければならないことは、信託保全の有無ということがあげられるのではないでしょうか。fxの信託保全のシステムとは、あなたがfx業者に預けた資金を守ってくれる保全措置のことです。

no image

fxマージンコール

fxの「マージンコール」とは、取引に必要な保証金額が、取り決めた割合いを下回った際に、業者から出される警告のことです。

no image

fx通貨ペア

fxでいう通貨ペアとは、fxで売買する2国の通貨の組み合わせを言いまが、fxでは「円と外貨」以外に「外貨同士」の組み合わせもあります。 たとえば、USD/CHFの取引をした場合、プラス収支でポジション …