未分類

コンピュータ操作者 資格試験

投稿日:

コンピュータのエンジニアは、資格試験より実践力だ、などと言われています。


資格試験をどれだけクリアしていても、実際の仕事をこなした経験にはかなうものがありません。
 お給料に直接反映するのは経験と実力ですが、コンピュータ関連の会社員なら、技術手当てとして、資格試験が考慮されることもあります。
 少し勉強すれば取れるようなものは、ぜひいくつか取っておきましょう。
 基本は国家資格でもある、情報処理技術者試験でしょうか。
 さらに、プログラマーやSEを目指すなら、データベースのオラクルや、工程管理能力の資格試験に挑戦すれば、在職中でも、転職でも、やる気や技術力をアピールできるのではないでしょうか。
 ネットワーク関連なら、シスコなどが有名です。
 コンピュータの技術者に限りませんが、とにかく積んだ経験が財産です。
 上司や同僚の財産を自由自在に引き出せる人間関係が、種銭と言えるかもしれません。
 資格試験と人間関係の両方の財産を、少しずつ豊かにしていきたいですね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

バブル景気

バブルとは、実体経済とかけ離れて貨幣経済がシャボン玉(bubble)のように膨張して好況な状態のこと。 しかし、「バブル」という言葉が示唆するように、バブル経済は実質的内容に乏しく、いずれ消滅するもの …

no image

ようこそ!

商品先物、日経平均先物、オプション、FX(外国為替)証拠金取引などの基礎知識など、損をしたあとで後悔しないためにも知っておかなければならない相場の知識や先物の常識。負ける原因を知ろうとしないために、儲 …

no image

ビジネスマナーのいろいろ

 ビジネスのさまざまなシーンで、ビジネスマナーは生きていきます。

no image

翻訳ソフト

 翻訳ソフトとは、自動翻訳のためのソフトウェアで、基本的にはパソコンにインストールして使うものですが、WEB上で使えるものもあります。当初は英語を扱う翻訳ソフトが中心でしたが、近年はドイツ語・フランス …

no image

海外で起業する

海外起業とは何でしょうか。  この文章を読んでいる人は日本人と想定すると、日本国外の会社オーナーになるということですね。 では、海外で起業すると、どんなメリットがあるのでしょうか。