未分類

コンピュータ操作者向け資格試験

投稿日:

コンピュータの資格試験は、ほんとうにたくさんありますね。


資格試験のために勉強して、それが自分のスキルアップになり、就職にも有利で、しかもお給料がアップ!
 コンピュータの資格試験、おいしいですね。ぜひチャレンジしてみましょう。
 コンピュータとどのように付き合っていくかで、目指す資格試験を絞ってみます。
 コンピュータのオペレーション、つまり操作をメインに、文書入力や書類作成をするなら、ワードやエクセルが使えるとアピールできる資格試験がいいでしょう。
 これらのソフトは賛否両論はありますが、職場では必ずと言っていいほど使われているソフトで、勉強したことは仕事で即戦力になります。
 図面作成なら、CADの資格試験をクリアしておけば、就職の採用や給料に対する影響は大きいようです。
 コンピュータの操作技量を測る資格試験では、受験前の勉強で、十分にパソコンを使って練習をしましょう。
 テキストを読むだけではなく、指を使って頭に覚えさせ、本番でも、職場でも力を発揮しましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ビジネス文書

 ビジネスの世界では、人間関係や業務が複雑に絡み合い、社会を形成しています。  ビジネスシーンに合わせたマナーがとても大切です。

no image

戦後最長のいざなぎ景気

いざなぎ景気とは、1965年10月から1970年にかけて続いた空前の好景気のことです。いざなぎ景気は57ヶ月続き、戦後最長の景気拡大期となりました。

no image

海外で起業する

海外起業とは何でしょうか。  この文章を読んでいる人は日本人と想定すると、日本国外の会社オーナーになるということですね。 では、海外で起業すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

no image

インフレとデフレ

 インフレとは、物の価値が少しずつ上がっていき、お金の価値が下がっていくことです。英語ではインフレーションですが、日本ではインフレという単語で定着しています。

no image

広告代理店の実際

 広告代理店というと、電通や博報堂などの有名な企業があり、華やかなイメージを持っている人が多いかもしれません。