FXの取引概要

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

投稿日:

最後に取引をする業者の「預け入れる証拠金」「取引単位」「トレードシステム」の基準を見てみましょう。


■ 預け入れる証拠金
取引を開始するのに、最初に預け入れる金額を「5万円以上」と決めている業者もあります。逆にまったく定めがない業者もありますが、まず、自分の投資資金量の3分の1程度を預けましょう。
■ 取引単位
FX証拠金取引業者の多くは、1万通貨単位の取引が主流となっています。業者や取引プランなどによっては10万通貨もありますが、慣れるまでは1万通貨単位の取引でいいでしょう。
■ 取引システムの画面
実際の取引システムに関しては、業者によって操作性が多少異なります。各社のホームページには、トレードの「デモ画面」があります。取引画面の操作性や、チャート画面の見やすさ、システムの安定性などを考慮して選びましょう。

-FXの取引概要
-

執筆者:

関連記事

no image

FX証拠金取引のリスク ? (オンライン取引のセキュリティリスク)

インターネットを利用したオンライン取引では、システムのセキュリティが大きな問題です。取引業者もセキュリティに力を入れ、情報が外部に漏れないように徹底管理すると同時に、投資家自身も情報管理には十分注意し …

no image

「セントラル短資オンライントレード」という業者でできること

セントラル短資オンライントレードのスワップ金利は、業界最高水準です。スワップ金利の即日反映はできない業者が多いのですが、セントラル短資のスワップ金利は毎日でも出金が可能です。

no image

後悔しない業者選び

さて、FX証拠金取引業者選びのポイントは解ったけれども、具体的にどんな業者が「自分にあった業者」なのかというと、星の数ほどある業者の中から探し出すのはなかなか難しいものです。

no image

外貨預金はFXに比べて本当に有利か。

1.手数料はFXが圧倒的に安い。 顧客が外貨預金で円を外貨に交換する場合はTTS(対顧客電信売相場)、外貨預金を解約して外貨から円に交換する場合にはTTB(対顧客電信買相場)と金融機関の為替コストが加 …

no image

ネット取引の道具を整える

ひと昔前は株や商品などの取引といえば、もっぱら電話で注文を出していました。外国為替取引で一部の銀行だけに為替取引が認可されていた時代などは、各銀行のディーラーが顧客から電話で注文を受け、電話でブローカ …