FXの取引概要

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

投稿日:

FX証拠金取引を扱っている業者はたくさんあります。その中でも、自分にあった業者を探そうとすると、比較サイトを見るしかないのですが、あまりにもたくさんの選択肢があると逆に困ってしまうものです。


2005年7月の「改正金融先物取引法」の施行により、いわゆる悪徳な業者は激減しました。でも、いまだに電話などで、勧誘してくる業者もないことはありません。
そこで注意しなければならないのは、基本的「勧誘」したり、「儲かります」などという業者です。FX証拠金取引も投資である以上、「絶対ということはない」ということを肝に銘じておく必要があります。
まず、「金融庁」 http://www.fsa.go.jp/ordinary/iwagai/に登録した業者であるかどうかが、見極めの第一ポイントになります。「改正金融先物取引法」では、FXを取り扱う業者には登録が必要となっています。
その上で、登録業者の中から自分に合った業者を選んでいく必要があります。さらには、資金が100万円以上なら、リスクを分散する意味も含めて、複数の業者に資金を分散して預けることも、自分にあった業者を探すより大切になるでしょう。

-FXの取引概要

執筆者:

関連記事

no image

レバレッジ(てこ)で複利効果を狙う

レバレッジ(leverage)とは挺子(てこ)の意味です。辞書では「借入金によって投資を行い、利子率よりも高い利潤率を見込むこと」とされます。先物取引などで10万円の手持ち資金でも100万円の取引がで …

no image

FXの為替取引は通貨を交換(売買)すること

だれでも日経平均株価などといっしょに為替という言葉を、テレビや新聞などで一度は耳にしたことがあると思います。 しかし、「為替」を説明するとなるとチョット難しいのではないでしょうか。為替の定義は、「現金 …

no image

リスクを最小限に抑えれば儲けにつながる

先物取引に限らず株の取引でも、儲かることだけがやたら目に付きます。「うまい話には、裏がある」というのは世の中の常ですが、FX証拠金取引に裏はないまでも、損することがあるのは知っておかなければなりません …

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

これから取引をする業者の何を基準に見ていけばいいのでしょうか。基本的にまず、手数料は「安い方が良い」、スワップ金利は「高いところが良い」、レバレッジは「50倍で十分」、取引単位はほとんどが「1万通貨単 …

no image

為替レートとは2種類の通貨の交換比率

為替レートとは2種類の通貨の交換比率のことで、米ドル1ドルに対して円がいくらで交換できるかということです。 海外旅行にドルを持ち出すときに、銀行で手数料を払って円をドルと交換しますが、110円で1ドル …