FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (取引口座保全のリスク)

投稿日:

FX取引の口座を開いている取引業者そのものが、破綻してしまうリスクも考えておかなければなりません。取引手数料などの高安に関係なく、取引業者の経営に万が一のことが起こっても、顧客の資産を信託銀行に信託し、口座のお金と会社の債権とを分離した「信託保全」ができている業者を選ぶことが大切です。


どんな企業でも破綻しないことはありません。取引会社が破綻してしまうと、自己の口座に預けた資産が戻ってこないこない場合も考えられます。そのことをなんとして避けるためにも、基本的に自己資本規制比率(注)等を目安に、破綻する可能性が低い業者を選ぶことなども考えておきましょう。
(注)自己資本規制比率
金融先物取引法第82 条に基づき、毎月内閣総理大臣に提出しなければならない。また同条第2 項で、金融先物取引業者は、この自己資本規制比率が120%を下回らないようにしなければならないと定められている。

-FXの取引概要

執筆者:

関連記事

no image

リスクを最小限に抑えれば儲けにつながる

先物取引に限らず株の取引でも、儲かることだけがやたら目に付きます。「うまい話には、裏がある」というのは世の中の常ですが、FX証拠金取引に裏はないまでも、損することがあるのは知っておかなければなりません …

no image

FX証拠金取引のリスク ? (レバレッジリスク)

FX証拠金取引では、業者に預託した証拠金を、数倍の大きな資金として動かすことが可能なレバレッジ効果により、大きな運用率を上げることができます。証拠金が少ないので、勘違いをしてしまいがちですが、資金が大 …

no image

為替レートとは2種類の通貨の交換比率

為替レートとは2種類の通貨の交換比率のことで、米ドル1ドルに対して円がいくらで交換できるかということです。 海外旅行にドルを持ち出すときに、銀行で手数料を払って円をドルと交換しますが、110円で1ドル …

no image

FX(証拠金取引)の投資法

相場に限らずFXの世界にも、いろいろな投資のスタイルや投資法があります。どれを中心にするかは、まさに十人十色と言ったところです。その中でもFXにはどの投資スタイルが良いのか、非常に気になるところですが …

no image

ネット取引の道具を整える

ひと昔前は株や商品などの取引といえば、もっぱら電話で注文を出していました。外国為替取引で一部の銀行だけに為替取引が認可されていた時代などは、各銀行のディーラーが顧客から電話で注文を受け、電話でブローカ …