FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (カントリーリスク)

投稿日:

国の信用度に応じてのリスクで、為替独特のリスクともいえます。海外投資を行う場合などに、その国の政治的、経済的、安定度によっても負うリスクは違ってきます。


投資して資金が回収不能になる危険度や、その影響によって、投資した商品の価格が変動することによって損失を被ることがあります。
カントリーリスクは一般的に、途上国において高い傾向にあります。FX証拠金の取引対象は各国の通貨ですが、発展途上国が多い中南米、アジア、アフリカ、中欧の国の通貨を売買する時には、注意しておく必要があると言うことです。

-FXの取引概要

執筆者:

関連記事

no image

FX(外国為替)証拠金取引の開始から決済まで

FXの業者に口座を開設します。業績などからのお勧め業者。 トレイダーズ証券 業者に証拠金(保証金)を振り込むめば取引を開始できます。 業者を経由して、新規で売買の注文を出します。 ほとんどは注文(約定 …

no image

FX証拠金取引のリスク ? (流動性のリスク)

取引は現物でも先物でも「買いたい人」と「売りたい人」の両方がいて成立します。仮に市場の規模が小さく、参加者が少ない場合には、売りたい人ばかりで買いたい人が存在しないこともあります。このように取引が成立 …

no image

どんな国の通貨を取引するの?

ニュースでも耳にする米ドルを売買する みじかなアメリカ通貨のドル(米ドル)を、日本円で売ったり買ったりできます。株とは違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけ …

no image

魅力的なスワップ金利

FX証拠金取引のスワップ金利は、取引会社で多少異なりますが、10万円で1万ドルの取引を行ったとすると、1日に約150円のスワップ金利を受け取ることができます。しかも、毎日、毎日です。1日に150円と言 …

no image

「セントラル短資オンライントレード」という業者でできること

セントラル短資オンライントレードのスワップ金利は、業界最高水準です。スワップ金利の即日反映はできない業者が多いのですが、セントラル短資のスワップ金利は毎日でも出金が可能です。