FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (流動性のリスク)

投稿日:

取引は現物でも先物でも「買いたい人」と「売りたい人」の両方がいて成立します。仮に市場の規模が小さく、参加者が少ない場合には、売りたい人ばかりで買いたい人が存在しないこともあります。このように取引が成立しないことを流動性リスクといいます。


流動性リスクが問題になるのは「売買がすぐに成立するか」ということです。その点、為替は一企業の株などと違って、全世界規模の取引であり、市場参加者も多いので、流動性は非常に高いので、流動性によるリスクはきわめて低いといえます。

-FXの取引概要

執筆者:

関連記事

no image

FXの為替取引は通貨を交換(売買)すること

だれでも日経平均株価などといっしょに為替という言葉を、テレビや新聞などで一度は耳にしたことがあると思います。 しかし、「為替」を説明するとなるとチョット難しいのではないでしょうか。為替の定義は、「現金 …

no image

どんな国の通貨を取引するの?

ニュースでも耳にする米ドルを売買する みじかなアメリカ通貨のドル(米ドル)を、日本円で売ったり買ったりできます。株とは違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけ …

no image

「セントラル短資オンライントレード」という業者でできること

セントラル短資オンライントレードのスワップ金利は、業界最高水準です。スワップ金利の即日反映はできない業者が多いのですが、セントラル短資のスワップ金利は毎日でも出金が可能です。

no image

後悔しない業者選び

さて、FX証拠金取引業者選びのポイントは解ったけれども、具体的にどんな業者が「自分にあった業者」なのかというと、星の数ほどある業者の中から探し出すのはなかなか難しいものです。

no image

FX証拠金取引のリスク ? (取引口座保全のリスク)

FX取引の口座を開いている取引業者そのものが、破綻してしまうリスクも考えておかなければなりません。取引手数料などの高安に関係なく、取引業者の経営に万が一のことが起こっても、顧客の資産を信託銀行に信託し …